メジャーはやっぱりムズいよ。おめでとう申ジエ選手

スコアわる~

やっぱりメジャーだからでしょうか、テレビをつけた時は首位が2オーバー。いつもならアンダー10なんてゴロゴロいるのに・・・

それだけに難しいコースなんでしょうね。常連さんのイボミいなし、笠りつ子もいなし・・・

首位はと言えば、下川めぐみ酒井美紀森田遥テレサ・ルー。知っていると言えば鈴木愛申ジエ選手

で、思いました、これって申ジエが行くんじゃないかと。あの不敵な笑みがどうも頭から離れなくて・・・。

テレサ・ルー猛迫

とにかく大混戦の首位争い。鈴木愛酒井美紀が首位なものの、2位とは1打差。しかも2位もまた複数おり誰も首位に立ってもおかしなくい状況でした。

中でも前回覇者のテレサ・ルーはと言えば、一旦首位戦線から脱落しかけたものの、そこから2連続バーディを奪い、再び2位に返り咲き。台風の目になりそうな感じを受けました。15ホールまではですが・・・テレサ・ルー

我慢の申ジエ

この方、何度も何度もあわやバーディというパーティングを見せたものの決めきれずでもどかしい状況が続きます。

が、そこは韓国人。強い精神力で焦る素振りなぞ一切見せず時には笑顔を見せて平常心で淡々とプレイをこなしている感じがします。

まるで自分がフィーバーするのを待っているかのように・・・

で、フィーバーの時が17番ホールで訪れます。

見事ロングパットを決め、首位と2打差。申ジエなら奇跡を起こすかもと期待しましたが最終ホールはパーに終わり3位。

けど、終始笑顔の彼女が印象的でした。

申ジエ

第3グループのやってきたよ。

混戦の首位戦線に脱落者が出る中、新世代が台頭してきました。それが大山志保ジョン・ミジョン。しれっとっ第二位の位置につけて首位を伺う所まで猛迫

で、やってくれました、大山志保が17番ホールで見事バーディを決め首位鈴木愛に並ぶ快挙。

益々首位戦線が混戦模様となってきました。

大山志保

最後は勝利の女神微笑む

日本メジャー前までの試合では散々だった鈴木愛が見事2年ぶりの優勝。

いつもいつも最終組なのに大崩れしてしまい、勝ちがスルッと手元から逃げるのを何度も経験。

自分の不甲斐なさに思いっきり顔に出てしまうほど精神的相当つらかったはず。

今回の優勝では、お地蔵さんのごとく周りの雑音を一切消して自分のゴルフに徹するという強い信念が感じられました。

2位行かが混戦している中で一度もスコアを落とすこなく淡々とコースを周りは、18番ホールではトドメのバーディ。

それも守りに行くのではく、狙いに行った所は彼女らしい所。

強きのパッドが球に乗り移ったのか、寸前で切れるところを球に勢いがあったため、そのままストンとピンに吸い込まれていきました。

鈴木愛

韓国勢に押される日本女子プロゴルフですが、彼女ならその勢いを止められるのでは思ったと次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする