80年代に浸るなら「奇面組」

破格の値段でまとめ買い

kindleのコミックってちょいちょい格安のキャンペーンをやっていて、これがツボを抑えたチョイスで僕にはたまりません。

で、出会ったのがハイスクール奇面組1巻~15巻で500円弱というもの。

買う予定はなかったものの、あまりの安さに即ポチ。

ハイスクール奇面組の連載時代

アニメ化もされたハイスクール奇面組。週刊少年ジャンプの連載時期が僕のほぼ小学生時代の80年代。

当時は、ジャンプの黄金時代で発行部数は年々倍増。少年誌いや日本の中で最も売れていた雑誌だったでしょう。

キン肉マン、北斗の拳、キャプテン翼、アラレちゃんと人気マンガが揃い、そんな人気マンガのある中、安定していた人気を誇っていたのがハイスクール奇面組でした。

僕の評価としては・・・

懐かしさが込み上げる80年代

高校生活が舞台となるので、まぁ当時の暮らしぶりが垣間見えて懐かしいの一言。

基本電話は黒電話。松田聖子、中森明菜、キョンキョンがアイドル全盛の時代。

ナウいという言葉が普通に使われたりして、当時の空気を感じるには持って来い。

奇面組

キャラも豊富に登場

今俯瞰して見ると、ギャグ漫画だけに連載を続けるのも一苦労。作品の中でも、作者がネタがないなど笑いにしていますが、実際そうだったでしょう。

で、毎回新鮮味を出すために、次から次へと新キャラが登場。

今でも記憶に残っているのがあしたのジョーの矢吹ジョーをぱろったあしたのじお。日頃はいじめられっ子ばりの気の弱い男子なのに、満月を見ると矢吹ジョーばりの強さを発揮するキャラクター。

奇面組

他にもケンシロウをパロったキャラやブルース・リーをパロったものまで色々と登場。

それも80年代の様子を知る上で貴重なネタでした。

他の漫画も読みたくなる

奇面組みたいに世間の様子を反映した漫画は、当時のジャンプにはあまりなかったと思います。

が、今更ながらキン肉マンやら北斗の拳を読みたい衝動にかられ、ついついポチッとしたくなる。

これもkindleマジックとでも言いましょうか、読み終わらない本が溜まる一方なので、最近は自制しています。

80年代ジャンプ漫画ということで、格安キャンペーンを打ってくれないかな・・・。