カテゴリー
IT業界

市場の目はするどいかも。ウーバー上場の件

危惧されていたことが現実に

時価総額10億ドル以上と評価されるいわゆるユニコーン企業。今年は当たり年のようで数多くの企業が上場を控えています。

先陣を切って上場したのがライドシェアのリフト。当初の予想額よりも高値がついてさすがユニコーン企業だよ市場の皆さんは思ったはず。

が、浮かれ気分も束の間、数ヶ月で上場時の株価を下回る状態に。その最悪のタイミングで上場となったライバル企業のウーバー

ウーバーももしかしたらという不安視されていましたが、案の定、想定株価が44-48ドルに対し、市場の回答は45ドル。ギリで予想の範囲内に収まりましたが、どう見ても今回の上場は好意的に受け止められていない印象が拭えません。

UBER

ドライバーの言い分もわかる

リフトショックさることながら、ウーバーを悩ませているのがドライバーのデモ

これまで売上の20%をひかれていたのが、最近では何の通達もなく25%になっていたとか。

まぁ、プンプンするのも無理はありません。今やウーバードライバーは約400万人と言われ、一斉に仕事を放棄するようなことにでもなれば商売が立ち行かなくなる。

このデモも不安材料として投資家に映ったのでしょう。

タクシー

自動運転を急ぐのも合点がいく

ウーバードライバーが賃金環境の改善を要求する一方で、ライドシェア商売の社会的責任も問われています。

それがライドシェアによる交通渋滞。とにかくウーバー渋滞と揶揄されるほど。

この対策として、取り分の値上げもしたのではと思っちゃいますね。

想定よりも膨張しすぎたドライバーを縮小させ、徐々に自動運転に移行していくというもの。

自動運転であれば、運行管理がしやすくない、多少なりとも渋滞の緩和が期待ができます。

自動運転

日本上陸が遠のきそう

イマイチ盛り上がらない株価、ドライバーによるデモ、そして渋滞という社会問題などなど。立て続けの悪材料の噴出に日本市場への導入がさらに遠のきそうな感じさえします。

やはり、自動運転カーの登場まで待たないと日本市場でのライドシェアは難しいのかなと。

とりあえず現状では、ウーバーイーツで利便性を売りまくり、これ移動の足代わりにもなるということが消費者から認められれば導入も後押しされるのではと思います。

自動運転

上場で得た資金で自動運転開発

ウーバーが今回上場で得た資金は、自動運転カーの開発に投入されるようです。

試験走行で交通事故を起こし、開発が危ぶまれましたが、体制を整えて再スタートする模様。

今後の動向が楽しみでなりません。

カテゴリー
新商品・サービス

ゴジェックが一石を投じるかも。新産業の普及

ウーバーさえ白旗を上げる強さ

配車サービスで猛威を振るうウーバー。世界的にも普及が進んでおり、押しも押されもせぬ世界NO.1の配車サービス会社。けど、そんな絶対王者でも東南アジアではその勢いは影を潜め、サービスを開始したもののイマイチ業績が振るわず撤退。理由は現地企業、グラブの存在が大きく影響しているからと言えます。

UBER

グラブだけじゃないよ。配車サービスは

フィリピンの配車サービスシェアで9割と圧倒的な強さを誇るグラブ。ほぼほぼ無風状態、寡占化が進むという弊害もあり、利用料金の高止まりが起き利用者からは不満の声が上がるほど。

この現状を打破すべく、これまた東南アジアの配車サービスで力をつけてきたゴジェックがフィリピンでの事業展開を表明。

これで少なからず競争が起きて利用者に優しいサービスへと変わることを期待していたのですが・・・

フィリピン

お国からまさかのまった

フィリピン当局からの通知はまさかの「ごめんなさい」。理由は地場資本を60%以上とする外資規制を満たしていないからというもの。

が、これはあくまでも表向きの理由とされ、本音は、既存業界、タクシーなどの影響や交通渋滞の悪化とのこと。

そもそもゴジェック参入前から配車サービスシェアの台数制限がなされており、ゴジェックが参入するのは元々厳しいという側面がありました。

利用者の不満爆発

フィリピンでは、クルマによる配車サービスの他にもバイクによる配車サービスも盛ん。最大手のアンカスは順調に業績を伸ばしていましたが、バイクによるタクシー営業は元々禁止されており、アンカス、ドライバーが取締の対象となる事態になりました。

クルマの台数が制限されているなら、バイクでという言わば逃げ道的な発想は素晴らしいとは思ったのですが・・・

が、取締でシュンとなるほどやわではないのがフィリピン人。法改正を求める署名を行い、何とその数14万人。加えて、アンカスのドライバー達による抗議活動まで発展。

国としても考えを改めないという機運が高まっています。

新産業の発展は国民の声

参入がNGとなったゴジェックは、引き続き当局との折り合いをつけるべく参入に向けて調整中とのことで、まだまだ諦める気配はなし。

これも多くの国民が参入を望む声が大きいからとも言えます。

そして国民による法改正を求める声で、国に考える余地を与え、サービス事業者、国民が一体になることで新産業は普及していくのかなと。

そう考えると、日本の場合、国民の声という部分で、やや弱い感がじしてなりません。

ウーバーの営業を認めろという抗議活動などないですし、署名活動などもない。新産業が育つ環境としては日本は厳しいんだなと思った次第です。

カテゴリー
働き方

隙間時間にサクッとバイトと言うけれど

ウーバーは魅力的サービス

自家用車をスキマ時間に仕事に使う。ちょっとした小遣い稼ぎにはもってこいのお仕事と言えばUberでしょう。

登録しておけば客から送迎の連絡がスマホに来て商談が成立すれば、お客の所までクルマを飛ばして目的地まで送り届ける。

特に雇い主に縛られることなく、仕事をしたくなければスルーすればよし。自分の時間に合わせて仕事が選べるというのですから、早く日本でも導入して欲しい

と思いましたが、実際に働く人の声を拾うと思ったほど稼げないというのが実情のようです。

自転車

エコノミーギグとは

このような隙間時間を利用してお仕事を請け負う人たちをイギリスではギグ・エコノミーと呼び、かなりの広がりを見せています。

そもそもギグとは音楽シーンでよく耳にする言葉ですが、そもそもはミュージシャンがライブハウスなどでその場限りのセッションを組んで演奏するという意味。

このような一度限りの関係を指して、ギグという事が使われています。

2018年2月のイギリス政府の報告書では、2017年夏までの過去1年間でスキマ時間を利用したお仕事を経験した人は約280万人に上るとのこと。

自転車

収支はトントンか赤字

ある出前サービスで、デリバリースタッフとして働くAさんによれば、当初は好きな自転車を仕事にできるということから大喜びで仕事を請け負ったものの、あまりの収入の低さに愕然。

1回の配達収入は約540円。日本での最低賃金が確か900円前後だった気がしますが、それを大きく下回る金額。

しかも仕事中の怪我も労災は降りるわけでもなく、治療費などを考えるとむしろ赤字を被るという悲惨な結果に。

Uberも同様で、これまた賃金が恐ろしく安く、あるドライバーは、1日10時間、週6日働いても、最低賃金に届かない日もあるというのだから、何気にサクッとお仕事という気持ちにはなりません。

スマホ

あくまでも自営業者というスタンス

雇われない自由という点が、ギグ・エコノミーの良さでもあります

あくまでも働く人達は、自営業者と見ているので最低賃金の保証は労災などはつかないというのが、サービス運営者の主張です。

この件に関しては訴訟が相次いでいるから今後、交通整理が行われていることは必至です。

賃金

あくまでも副業という形で

隙間時間にサクッとバイトという類は、その仕事を本業にしてしまうと却って生活を苦しくしてしまうのかなと。

本業が別にあって、副業としてギグ・エコノミー関連の仕事をすれば、生活が苦しくなることもないのかなと。

とは言え、この手サービスは今後広がる可能性は大いにあり、サービス提供者の条件で選ばれる時代が来るのでは思った次第です。

カテゴリー
自動車業界

ローカルルールに歩み寄るUber

そもそもUberとは

Uberとは、一般人が運転する利用者がドライバーとなってタクシー代わりに移動の足と使えるというもの。

日本では馴染みが薄いですが、米国ではかなり浸透しており、映画にもこのシーンが描かれていました。

スマホでUberを立ち上げて自宅周辺の地図が表示され、「ドライバーの足になるよ」という人が地図上にプロットされて表示されます。

んで、ドライバーごとの評価を見ながら、この人にしようか、あの人にしようかと選ぶわけです。

といった具合に、一般人がタクシー代わりになるのですから、仕事のない人の副業に、タクシーよりも安く済ませたい利用者にとっては、とってもありがたいサービスなのですが、日本では既得権益という壁にぶち当たりイマイチ浸透していないのが実情です。

圧力

上陸は2013年とかなり早め

Uberを知ったのはここ2-3年位前からでしたが、日本法人の設立は今から5年前の2013年。

上陸当初から苦難続きで、まず既存サービスのタクシー業界から猛反発を喰らいます。それでも踏ん張って2015年には実証実験までにこぎつけます。福岡市で地元民の自家用車をタクシー代わりとして、利用者は何と無料というもの。

が、このサービスが白タクに抵触する恐れがあるとのことで、国土交通省よりストップがかけられてしまいました。

結局、実証実験は1ヶ月で打ち切りという憂き目に。

Uberは日本では無理なのかなと諦めるかと思いましたが、そこは米国のスタートアップ企業。そう簡単に折れることなく普及に向けた取り組みを今なお続けています。

Uber

ローカルルールに寄り添う

自国で当たり前と思い、海外でそのままサービスを移植しても中々浸透しない、うまく事業が回らないというのはUberに限ったことではなく、日本企業も海外進出したものの、うまく軌道に乗らずに撤退という話は枚挙にいとまがありません。

どれもローカルルールをよく理解していなかったことが原因。

そこでUberは、規制を管理する組織はどこか、んで、誰がキーマンになるかを徹底的に調べあげ、既存組織と真っ向勝負を挑むのではなく、融和路線で共に儲けましょうに路線変更。

その考えには今のUberの取り組みを見れば、一目瞭然。空飛ぶ飛行機の普及に向けた取り組みでは、政府関係者や国土交通省へのロビー活動を展開し、対外宣伝活動ではPR会社を帰るなどの徹底ぶり。

この活動が花開き、Uberが日本で普及することを説に願います。

タクシー
カテゴリー
新商品・サービス

20年後には、個人用空飛ぶじゅうたんの時代が来るかも

便利な乗り物、空飛ぶじゅうたん

ドラクエのシリーズ何作目かは忘れてしまいましたが、確かは船では入り込めない浅瀬の移動に空飛ぶじゅうたんを使っていた記憶があります。

これが現実世界にあれば、渋滞なんて気にすることなく予定通りに目的地につける。誰ものが夢見たことでしょう。

この空飛ぶじゅうたんが今、全世界で着々と実用化に向けて開発されていることを知り、ワクワクしています。

じゅうたん

まずは交通インフラで実用化

自動運転カーになぞれば、実用化に向けた最初のステップとしては交通インフラでしょう。

電車、バス、タクシーなどに代わるインフラとして、公道試験も兼ねた運用が考えられます。

で、あのウーバーが、この空飛ぶじゅうたんを本気で検討しているようで、クルマとの合わせ技でサービスの提供するというもおの。

まずはクルマで空飛ぶじゅうたんの駐車場までクルマで移動し、そこから目的地付近の駐車場まで空飛ぶじゅうたんで移動。そこから目的地までクルマで移動するというもので、全ての道程をクルマで移動するよりも早く目的地に着くことが容易に想像できます。

渋滞

その先の個人用空飛ぶじゅうたん

交通インフラとして、空飛ぶじゅうたんが普及したら、次のステップは個人用。

ヘリコプターみたいな大型なものではなく、クルマ並のコンパクトな乗り物ならマイカーならぬ、マイ空飛ぶじゅうたんを持てる日も来るのではないでしょうか。

で、こちらの開発にも全世界で着々と開発が進められ、何とあのGoogleが、この分野の研究開発を進めているとのこと。

今は非公開で一切、取材を受けつけない状態ですが、時が来れば世界が腰を抜かすほどの発表があるでしょう。

空撮

あとは交通ルールをどうするか

クルマと違って、決められたレールがない空飛ぶじゅうたんですから、走りもやりたい放題、し放題。交通ルール決めが難航しそうです。

まぁ、クルマのように渋滞ということはないでしょう。ただ飛行禁止区域みたいなものは設定され、その領域を飛ぶと罰金を支払うことになるでしょう。

で、考えたのが一定の自動化技術。例えば半径◯mに空飛ぶじゅうたんが近づいたら、警告を鳴らしスピードダウンの制御がかかったり、飛行禁止区域はあらかじめ飛行できないように制御が働くとか。そのようなことをしない限り、空の安全は担保できないでしょう。

皆がルールを守って空飛ぶじゅうたんを使えば普及は一気に進むのかと。

電車と並走して走る空飛ぶじゅうたんの風景が現実の世界になったら面白いですね。

ドローン
カテゴリー
新商品・サービス

ウーバーに対抗?日本タクシー業界

マイハイヤー気分のウーバー

初めて訪れた街で右も左もわからない。

ならばとスマホを取り出し、クルマで目的に向かおうじゃないかと。言うことで、アプリを立ち上げクルマを配車してもらう。

こんな夢のようなサービスを提供してくれているのがウーバー。このブログでもちょいちょい紹介しています。「物流にも進出か?ウーバーの次なる野望」ウーバー

ウーバーの躍進につれ、危機感を抱く日本タクシーも手をこまねいているわけでもなく、この度、配車サービスを提供するようで、僕の中で話題となっています。

日本交通の配車サービスとは

日本交通の提供する配車サービスもほぼ同様の仕組み。

アプリを立ち上げ、自分の現在地を知らせれば、周辺を走るタクシーが迎えにきてくれるとういもの。

nihon

恐らく都内を走る日本交通のタクシーは相当数あると思いますので、待ち時間もさほどかからないんじゃないと思います。

業界を驚かせた初乗り410円

加えて、2016年には初乗り410円を国土交通省に申請。

これで運転手さんの顔色を伺うこともなく堂々と乗車できるわけです。

  • いきなりのゲリラ豪雨に逢い、客先につくころにはビショビショ。
  • 初めて土地勘のない駅で降ろされ右往左往しちゃった時
  • 大量の買い物をして駅まで歩くのがしんどい
  • 電車が急遽止まって、動いている路線の駅まで移動などなど。
  • こう考えるだけでも使いみちは色々とあります。

    流しとはもうさようなら

    タクシーも、乗客はいませんか?とばかりに都内をグルグル流すのは非効率。ガソリン代もバカになりません。

    んなこともあり、日本交通では、天候、イベント、ツィート情報、過去の配車履歴などを元に、どこに需要が潜んでいるかを予測するシステムを開発。その情報をドライバーさんに送っているとか。

    ワンコイン

    で、このデータが蓄積されればされるほどデータの精度も高まり、より無駄のない配車ができる。

    そのための初乗り410円に踏み込んだようです。

    若年層の取り込み

    初乗り410円で、まず利用の少ない若年層の取り込みを狙っているようです。

    飲み会の後とかなんかは需要はあると思います。

    僕的には、訪日外国人の需要の方があるんかなと思いますね。

    最近ではよく外国人に道を聞かれることも多く、タクシーならば目的に着ける安心感がありますし。

    で、観光屋さんと組んで車内で広告を流すとかすれば、初乗り410円も十分ペイできるかなと思った次第です。

    [amazonjs asin=”B01CC8B2TK” locale=”JP” title=”シェアリング・エコノミー “素人革命”の衝撃 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS”]
    カテゴリー
    新商品・サービス

    物流にも進出か?ウーバーの次なる野望

    ウーバーとは人とクルマのマーチングサービス

    ウーバーアプリを立ち上げ近くを走る車をチェックし、迎えに来て欲しい場所にピンを落とす。するとクルマが来てくれるというサービス。決済は事前にクレジットカード登録しているので、お金いらず。まるでハイヤーを持った役員気分を味合えるんでしょうね。

    uber01

    アイスクリーム配達に進出?

    人を運ぶがメインのウーバーが、なんとアイスクリーム配達に進出。大量のアイスクリームを積んだワゴン車を都内各所に配備しているんでしょうけど、iPad片手にピンがドロップされるや否や現場に急行。注文して約5分で納品と恐ろしいほどのスピードを実現。

    76dfbe6caae915e503c97612070e82e3_s

    自転車版ウーバーも開始

    米ニューヨークでは自転車によるモノ運びのサービスを開始。法人向けだと思いますが、書類などを届けてくれるそうです。最近バイク便のスピード感が鈍いだけに、日本でも導入してくれればなと思う訳です。日本でもサービス開始したら是非とも試してみたい。

    ウーバー的サービースは他にも

    海外の買い物代行サービス「インストカート」は、商品を選ぶと、時間の空いている個人が代わりに商品を買って購入してくれるというもの。近所の人が配達者として我が家に訪問なんてことも。ちょっと気が引ける感じはしますが・・・。

    GPSって凄いかも

    ウーバーも基本的に位置情報を使ったサービス。居場所を特定されるのは嫌なものですが、見方によっては便利な道具に変わることも。とにかく一度はウーバーってものを試してみたい。

    日経ビジネスNO.1753より