自動車業界

自動車業界

OSづくりなら本家IT業界も黙っちゃいないよ

進む、カーメーカー産OS 自動化、電動化、コネクテッドと夢のような将来が待っているクルマ生活。従来の内燃機関という仕組みから、走るコンピューター化となり、全体を統括するOSづくりに注目が集まっています。 これまではブレーキ、エ...
自動車業界

クルマもOSで選ぶ時代?覇権争い勃発か?

WinかMacか OS争いと言えばパソコンのWin、Mac。圧倒的なシェアを誇るWinに対して、ネガティブキャンペーンなどを張ったこともあるMac。今思えば、そこまでするかAppleと思いますが、当時の中の人にとっては生きるか死ぬか...
自動車業界

そう簡単に白旗は降らないよ。自動車部品メーカーの底力

EV化で1万点も部品が減っちゃうの? 現在の内燃機関車の 部品点数は約3万点。一方のEVが2万点と言われ、約1万点の部品が必要なくなります。1万点の部品と言っても、一つの部品を作るのに数十社位が関連していることを考えると、その...
自動車業界

商用車もEVの波が。新規参入組もいて玉石混交

結構、二酸化炭素出していますの自戒 トヨタも本格的なEV参入を発表し、盛り上がる見せるEVシフト。これも脱炭素に向けた取り組みの一環ということもあり、本丸とも言える商用車にもEV化の波が押し寄せています。 移動距離も長くほぼ毎...
自動車業界

トヨタEV大攻勢の本当の所に納得。現実を見据えるとね・・・

圧巻のプレス向けお披露目会 いよいよ真打ち登場といった感のトヨタのEV化シフト。EV車16台を前にした社長による発表会は大きな衝撃を与えたことでしょう。 実力的にも十分対抗できる実力があるのに、なかなか重い腰を上げなかったトヨ...
自動車業界

それでも全方位戦略に変わりはない。トヨタ。目標EV350万台

いよいよトヨタもEVに本腰。数十台のEVカーを前にスピーチしたトヨタ社長の映像にさ歓喜した人も多いはず。とは言え、しっかりと引き続き全方位路線を推進していく姿勢には共感がもてました。個人的には水素エンジン車がいいいですけどね
自動車業界

朗報?自動車のサイバーセキュリティも義務化

クルマのサイバー攻撃対策が2022年に義務化になります。義務化ってことはそれほど攻撃事例が増えてきたということでもあります。そこで肝となるのがSOCという事後対策の迅速化という考え方。完全防御は無理だけど事後の対応は迅速にしましょうという考え方にものすごく納得しました。
自動車業界

EV電池も半導体の二の舞か?世界に遅れを取る日本勢。政府もようやく本腰を入れました

脱炭素化に向け、俄然注目を集めるEVカーの普及。肝となるパーツ充電池は海外勢に押され気味ということもあり、国策としてなのか国は充電池開発に補助を発表。世界に伍して戦う日本の姿を見てみたい
自動車業界

個性を取るか、経営を取るか。EV化で進まなきゃいいけどコモディティ化。スバルの苦悩

2022年トヨタとの共同開発EVカーソルテラを発表したスバル。規模の小さいメーカーが生き残りをかけた選択、看板となる水平対向エンジンはなさそうだけど、社長の現実を直視したコメントに納得。黎明期は単独よりも協業ですよ
自動車業界

そろそろ本気出しますか。始まるトヨタの反撃。EVで存在感を示せるか

EVに前のめりな世界の自動車産業ですが、その流れに異を唱えるトヨタ。PHV、FCV、水素エンジンも含め全方位で脱炭素に取り込もうと現実を直視した考えにいたく納得。2025年の未来はこの戦略が正しいかったことが証明されれば、日本は再び環境立国として世界からリスペクトされるかも
タイトルとURLをコピーしました