AdWordsのあるキャンペーンだけにリマーケティングを設定する方法

リマーケティングとは

サイトに訪問してくれた人に対して、継続して広告を露出してくれるあのサービスのことを指します。

例えば楽天なんかは、その最たる例です。

一度楽天サイトに訪れたが最後、地の果てまでばりに行く先ざきまで追いかけてきます。

これをリマーケティングと呼んでいます。

あるキャンペーンだけにリマーケティングを打ちたい

このリマーケティングを例えば検索広告で訪れた人だけに打ちたい、あるいはディスプレイ広告で訪れた人だけに打ちたい。

あるキャンペーンを育てたいという時には有効ですね。

この設定、Google Analyticsでアカウントを登録していればカンタンに設定できます。

管理→プロパティ

管理を開きプロパティ列のユーザーリストを開きます。

AdWords,リマーケティング

新しいユーザーリストを作成

ユーザーリストが開いたら、赤いボタンの新しいユーザーリストをクリック

AdWords,リマーケティング

移行先のアカウントを選択

ビューはすべてのウェブサイトのデータとし、移行先のアカウントでを選択します。

AdWords,リマーケティング

ユーザーリストで新規作成を選択

ユーザーリストで、新規作成をクリック

AdWords,リマーケティング

ユーザーリストの作成ツールが開きます。

左側メニューの中から条件を選択し、キャンペーンを選ぶと、プルダウンメニューで展開中のAdWordsキャンペーンが表示されます。

AdWords,リマーケティング

ユーザーリストの定義

ユーザーリストを定義の画面になりますので保存を選択します。

ここまでがGoogle Analyticsでの設定になります。

AdWords,リマーケティング

続いてAdWordsの設定です。

AdWordsを開き、右上の設定マークを開き、リンクされたアカウントを選択します。

AdWords,リマーケティング

リンクされたアカウント

GoogleAnalyticsの詳細を表示をクリックします。

AdWords,リマーケティング

リマーケティングをクリック

一番右側のリマーケティングリマーケティングの管理をクリックします。

AdWords,リマーケティング

これで完了

最後にリマーケティングリストを見ると設定したリストが表示されます。

こちらで完了です。 AdWords,リマーケティング

まとめ

例えば関心度の高い検索広告だけにこのユーザーリストを設定し、継続して広告を露出させることも考えられますね。

検索広告になるので、ディスプレイに比べると露出する幅は狭いですが、ホットな客を掴めるので効率は良いと思います。

漫然とリマーケティングをやるのもいいですが、何か意図的にキャンペーンで絞って展開するのも面白いかと思います。

これをきっかけに様々なユーザーリストを作って、それぞれのキャンペーンの結果を見ていきたいと思います。