目障りなTwitterの自動通知をオフ

ついつい見てしまうTwitterの自動通知

Chromeを立ち上げると、右下にTwitterの自動通知が表示され、仕事そっちのけでツィートを読んでしまうという経験ありませんか?

最初こそ1-2件だったのに最近では5-6件表示され、一つ消したら代わりのツィートが表示され、エンドレス状態。

といった具合に、Chromeを立ち上げると決まってこの操作がついて回る。いいかげんにしてくれよということで、この自動通知機能をオフにしてやりました。

ツイッター自動通知

まずは「設定」を開く

まずChromeの右上にあるメニューから、設定を選択して、ずっと下にスクロール。

続いて「詳細設定」をクリックします。

ツイッター自動通知

プライバシーとセキュリティのコンテンツ設定をチェック

「プライバシーとセキュリティ」の項目の中にある「コンテンツ設定」をチェックします。

「コンテンツ設定」は下の方にいますので、下方向にスクロールしてください。

ツイッター自動通知ツイッター自動通知

「通知」を選択

コンテンツ設定の中の「通知」を選択。

ツイッター自動通知

Twitterを選択して「ブロック」

「通知」の「許可」の一覧を見るといました、Twitterが。

右端にあるパズルのようなピースをクリックして、ブロックを選択すればOK。

これでうっとおしい通知からも開放されます。

ツイッター自動通知

まとめ

この設定、おおよそ1分位で終わってしまいますので、僕のように自動通知でお困りでしたら、ぜひお試しください。