Google Analytics。セッション数がユーザー数より少ない?ってどうして?

セッション数とユーザー数の違い

Google Analyticsのセッション数は、ユーザーがサイトに訪問すると、そこで1とカウントされ、30分後、セッションが切れた後にまたアクセスすると、これまた1とカウントされ、合計で2セッションとなります。

一方、ユーザー数は、ある期間内において何度訪問しようが、カウントされるのは1回。ということは、ユーザー数がセッション数を上回ることはない。

けれど、カスタムレポートを使って、データを見ると、なぜか、ユーザー数がセッション数を上回っている。どうして?

カスタムレポートでセッション数を設定

ということで原因を探りました。

セッション数 ユーザー数 多い

カスタムレポートの結果を見ると、たしかにユーザー数がセッション数を上回っていることがわかります。

セッション数 ユーザー数 多い

原因はカスタムレポート

この現象について、Google AnalyticsのGoogleサポートで書かれていた内容を自分なりの解釈でまとめした。

つまり、原因はカスタムレポートの計算によるもので、ページレベルのディメンションを使うとこの事象が起きるとのこと。

今回、原審を調べるにあたって設定した「第一階層」がまさしくそれにあたります。図解するとこんな感じです。

閲覧開始ページの最初をカウント

セッション数は最初の訪問ページをカウントし、以後のページはカウントしません。

セッション数 ユーザー数 多い
ページPVセッションユーザー閲覧開始
Aページ2121
Bページ1010
Cページ2020
Dページ1111

A子さんの場合、ページAはセッションとしてカウントされますが、それ以降のページB、ページCはセッションとしてカウントされません。

B子さんの場合も一緒です。ページDのみセッションとしてカウントされて、ページC、ページAはセッションとしてカウントされません。

ページごとの閲覧を見る場合

結局チェックしたかったのは、第一階層別の訪問数がどの位あるか。この場合、セッションではなくユニークペービジュー数を見なさいとGoogleは言っています。

ユニークページビューって何?

とは言っても、そんな用語出てこないし・・・。で、コレを英語にするとUnique PageView。これは再び検索にかけると、ページ別訪問数ということが判明。

ここに行き着くまで、かなりの時間を要しましたが、モヤモヤが取れてスッキリしました。