Google Analyticsで特定範囲のIPを除外する方法

新しいフィルターを作成を選択

フィルター設定には「カスタムフィルター」と「既定のフィルター」の2種類があります。特定範囲のIPアドレスのフィルター設定は、カスタムフィルターを選択します。

GoogleAnalytics,ip除外

IPアドレスを選択

フィルターフィールドのプルダウンメニューで「IPアドレス」を選択。順番としては、かなり下の方です。

GoogleAnalytics,ip除外

ヘルプの文言をコピペ

フィルタヘルプをクリックすると、ヘルプ画面が表示されます。ここに特定範囲のアドレスの表記方法が記載されているので、ひとまずコピペ

GoogleAnalytics,ip除外

特定範囲のIPアドレスの表記方法

たとえば、192.168.1.2 から 192.168.1.100の場合→「192\.168\.1\.[1-100]」と表記します。

これをフィルターパターン欄に入力すればOKです。3桁目も範囲指定の表記にしてみましたが、結果はダメでした。幅を持たせられるのは、4桁目だけのようです。

GoogleAnalytics,ip除外

確認はリアルタイム機能

では、実際に除外しているか、それを確認するのに便利なのが、Googleアナリティクスのリアルタイム。

現在表示しているURLを表示してくれるので、実際に除外されているかどうか、わかります。ページを何度か切り替えて見るのも良いです。

GoogleAnalytics,ip除外

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする