電力会社の救世主となるか?EV

太陽光 エネルギー業界

電力需要は下がる一方

米国の2013年の電力使用量は2007年比2%ダウン。2040年までの間に、電力需要は1%しか伸びないと予測されている。原因は電気料金の値上げ。となると、日本でも同様なことが起きる可能性は考えられる。

発電所

省エネ商品の台頭も。

例えばテレビの消費電力は5年で4分の1に。冷蔵庫、エアコンも省エネ商品がバカ売れ。となると、必然的に電力需要は下がるのはいたしかない。

極めつけは自家発電

電力需要減少の要因として、太陽光や地熱などの自家発電が普及しているのも影響している。加えて増え続ける自家発電に対し、送電網の整備支出も膨らむ。公益企業だけに、送電する義務があるわけなので、無碍に断るわけにも行かずといった八方ふさがり状態。

太陽光

救世主はEV

需要回復の切り札として期待されているのがEV。米国のエネルギー支出を見ると、クルマの燃料代が約1500億円。これが電気に取って代われば、電力会社も多少は潤う。

EV関連ビジネス

EV所有車と契約を結び、充電装置を販売し、余った電力を買い取るというビジネスが成立するものの、EV分野に働きかける電力会社は皆無。

電力会社も大変だよ

公益サービスだけに売上という考え方はなかったけれど、2015年以降の電力自由化となれば、各社必至になって商売してくるんだろうなというのが素直な感想。自家発電の増えるであろうし、益々厳しさが増すといった感じ。

日経ビジネス NO.1761
[amazonjs asin=”4062727552″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”日本は世界一の環境エネルギー大国 (講談社+α新書)”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました