銀行・投資銀行・保険商品を横串できるって凄いことも。ありそうでなかったことが

金融サービス仲介業という新たなサービス始まる

ありそうでなかったサービスが2021年秋から始まろうとうしています。その名も金融サービス仲介業。

これまで銀行サービスやら証券サービス、はては保険商品などなどを取り扱うにあたっては、その商品を提供する親元があって、その商品を子が売るというスタイルが一般的でした。

が、金融サービス仲介業は、このような親元から独立して商売をできてしまうというもの。さらに銀行、証券、保険をセットにして商売ができちゃう。

参入障壁が高いと言われた金融業界ですが、これで異業種からの参入もさらに加速していくことでしょう。

お金

競争原理が働いていなかったに納得

金融サービス仲介業が生まれた背景には、これまでの仕組みが利用者にとって満足のいくものではなかったというのがひとつあります。

子は基本的に親元の商品を売るわけで、競合他社の商品を取り扱えないとう弊害がありました。利用者にとっては、数多のサービスの中から、自分に合った商品を選びたいのにそれができなかったというわけです。

当然、提供する側にとっては競争原理が働かず、市場としての成長は見込めない。

これではいかんということで、法改正にこの度施行されたと言ってもいでしょう。

誰でも金融商品を扱えるも夢ではないかも

というわけで、異業種からの参入が今後増加してくることを見込み、あなたでも簡単に金融商品を取り扱えますよというプラットフォームを提供する会社が出現しました。

株式の売買発注から約定、決済、保険募集から支払いなどなど、これらがアプリを使えば簡単にできてしまうもの。

開発元は、アマゾンのAWS的なポジションを狙っているようで、こちらが一気に普及することになれば、業界のデファクトスタンダードになることは間違いなし。AWS化も夢ではないでしょう。

例えばマンションデベロッパーが住宅ローンや生命保険を仲介したり、ブライダル会社がローンや保険、積立投資商品も販売することも考えられます。

投資

丸ごと投資の面倒見ます助かる

投資する人にとっても、銀行、証券、保険が横串になれば、管理も非常にラクラク。株式、投資信託、保険商品を横イチに並べて、どれが自分に合っているかなど簡単に比較できたりもします。

あるいはこれまでは限られた商材の中でしか検討できなかったものが、さらに選択肢が増え、より意味のある投資ができるのではと思います。

投資

どうなる楽天経済圏

既に携帯キャリアのKDDI、ソフトバンクは銀行や保険分野などの金融サービスを進めており、ドコモも金融仲介サービスの施行に合わせて本格的に金融サービスの取り扱いを始めていきます。

となると、気になるのが楽天の動向。これまでは無風状態の強さを誇っていただけに、脅かす存在が増えることは間違いないでしょう。

個人的には楽天びいきだけに、さらなるサービスの向上を期待したいところです。そうすれば、今のポイント生活も更に充実してくれることでしょう。

楽天

頑張れ、楽天

No tags for this post.