業界に波風立ててもいいんじゃない。「おうちダイレクト」

不動産会社の仲介業とは

アパートを借りる時にお世話になる不動産会社。親身になってあれやこれやと物件を探してくれますが、それもそのはず。借りたい人、貸したい人双方から手数料が貰えるから。

仲介

例えば40万の物件だとしたら、物件価格の3%+6万円が双方からもらえる。契約が成立すれば約12万円の手数料を手に入れることができるんです。

これって、その昔夢中になっていたヤフオクに似ています。出品者、落札者双方がYahoo!に対してお金を払うというもの。

で、この仕組みが不動産会社の仲介業務のスタンダードとなっています。

中抜きおうちダイレクト

Yahoo!とソニーが共同で始めた。新聞等も大きく取り上げられました。

仕組みは、売り主がネットで物件を直接公開して、買い主を探すというもの。

おうちダイレクト

仲介にはソニー不動産が入りますが、今まで不動産にお願いしていたものを、ある意味、個人でまかなえちゃうというのがこのサービスの最大の売り。ある意味、仲介屋さんをすっ飛ばした商売とも言えます。

ブチ切れた既存不動産会社

これに猛反発したのが既存の不動産会社。トラのシッポを踏んでしまったのが、その仕返しが凄まじい。

それまでYahoo!不動産に物件情報を提供していた不動産流通経営境界、全宅連が、Yahoo!不動産向けへの情報をストップを検討。

Yahoo!不動産

その数、数万件に及びというのだから、これがもし実施されるとなるとサイトとして成立しないでしょう。

が、Yahoo!もお客さんの選択肢を増やす一環ということで、サービスを取りやめる気配はなし。

不動産流通経営境界、全宅連の逆鱗に触れたのは、仲介業務をソニー不動産一社が賄っているからと言われていますが、実の所、おうちダイレクトの仕組みは、売り手から手数料は取らず買い手からんのみ手数料を取る。この仕組が逆鱗に触れたとも言われています。

他にもあるよ、業界慣行打破

このおうちダイレクトの業界慣行打破の取り組みは、他のサイトでも実際に行われています。

例えば不動産価格の相場情報を個人にもオープンにした、リブセンスネクストの取り組み

仲介手数料を定額または無料にしたマンションマーケット

修繕工事の工程や価格を見える化したリノベるグリー。そしてアマゾン

といった具合に不動産のそれまでの業界の常識が、あらゆる所で変化の波にさらされているといった状況なのです。

ネット証券も今は主流か

窓口販売が主流だった証券業界。ネット証券が手始めた頃は、大手証券は客層が違うからとういことで相手にもしていなかったのに、今となっては大手もネットサービスに力を入れているし・・・

おうちダイレクトで端を発した、不動産業界における新サービスも、この先10年後には主流になっているかも・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする