復活の兆し。任天堂に期待大

振り返ればWii以来か

日本中が熱狂したWii。あれから10年近く経つのでしょうか。当時の任天堂は向かう所敵なし状態。家庭用ゲーム機、Wiiがバカ売れ。続くWii Fitもこれまた売れまくり。ニンテンドー3DSもこれまた品薄状態が続く人気ぷっり。

今の赤字に苦しむ任天堂を、誰が想像できたでしょうか・・・

とは言うものの長い低迷期を経て、やっと任天堂が復活するのでは?という空気が最近漂い始めています。

それも任天堂としては全く新しい分野、スマホ。

wii

ポケモンGOの世界的大ヒット

一時の勢いはなくなったものの、まだまだ近所の公園では大フィーバー中のポケモンGO

任天堂にはあまり旨味の少ないゲームと言われていましたが、関連商材のポケモンGOプラスはバカ売れ。

どのお店でも売り切れとなり、次回入荷は11月だとか。

これって、ファミコンがバカ売れした小学生時代を思い出しますね。

お年玉でファミコンを買おうにも、どこのお店でも品切れ。次回入荷も目処が立たずお年玉を使い果たし、結局ファミコンを買いそびれた残念な記憶が思い出されます。

話を戻すと、ゲーム自体には関与は薄いものの、関連商材で十分に利益を稼げる。ニンテンドー3DSとの連動も十分に考えられます。

pokegoplus

マリオランに衝撃

スマホ参入を発表してから、かなり時間が経ちましたが、ようやくその全貌が明らかに。

記念すべき第一号アプリに選ばれたのが。任天堂の代名詞とも呼べるキャラクターを使ったゲームを選択するのは必然性がありますよね。

しかもAppleの発表会、iPhone7と一緒に紹介されるのですから、良い宣伝になりました。

これで多くの人が任天堂の復活を確信したのではないでしょうか。

株価も敏感に反応していましたしね。

マリオラン

なかったことにのファイヤーエンブレム

実は、マリオランよりも早くスマホ用ゲームとして発表されていたファイヤーエンブレムどうぶつの森。当初は2016年秋に発表とされていましたが、マリオランの先出しの都合上、2017年春に延期だとのこと。

ファイヤーエンブレムで若かりし頃、徹夜をするほど好きだった僕にとっては、こっちの作品を先に出してくれよという感じ。

ファイヤーエンブレム

新型ゲーム機はスマホとの連携が肝?

さらに2017年にも発売が予想される新型据え置き機のNX。このゲーム機が任天堂復活の締めを飾るのでしょう。

恐らくスマホゲームとの連動がウリになるのでは?と期待しています。

逆に据え置き機のゲームをスマホに飛ばしてプレイできたりと・・・

今後の任天堂がますます楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする