裁判ネタは難しい「国選弁護人 ユン・ジンウォン」

事件は強制撤去の現場で

中国では再開発で強制的に居住区を移されたというニュースを見たことがあります。が、政府に言われようと頑として住居から出ていかない。政府も強く出ることができず、その家の迂回する形で道路を建設。まるで高速道路の中央に一般住居がポツネンとあるいう奇妙な写真を見たことがあります。

で、今回の作品ではお隣韓国でもこれに似たような話を作品にしていました。

廃墟となったビルか、学校に住み着いた人達を政府が強制的に移住させるというもの。「おらが城はおらが守る」といった威勢の良さで、突入した警察部隊に激しく攻撃をしかけてくる。まず日本では考えられませんが、警察の人も本来の悪人逮捕という本業を外れているのですから、やる気も起きないでしょう。のに、住民は激しく抵抗してくる。こちらが防戦に回れば自分の命すら危険にさらされるわけですから必至です。

で、今回の事件が起きました。住み着いた住民を強引に移動させよという時に、何と死人が2名も。

国家もからんでいただけに、政権にとってはマイナス。あくまでも国は被害者であるというスタンスを崩さず、あれこれと隠蔽工作をしかけます。

国選弁護人 ユン・ジンウォン

焦点は正当防衛かいなか

被告人は、この撤去作業中に命を落としたお子さんのパパ。彼が警察官1名を殺したのは事実ではありますが、それは息子を助けようとしたまでで、これを正当防衛だと主張。

正当防衛ともなれば、国家としては面目丸つぶれ。検事、裁判所にとてつもないプレッシャーをかけて、裁判での争い勝利に導こうと画策します。

国選弁護人 ユン・ジンウォン

対するはうだつの上がらない弁護士

で、被告の弁護士は、三流と揶揄されちゃうほど、うだつの上がらない弁護士。本来であればエリート弁護士事務所が担当する所、お金にならないとかで、彼の事務所に依頼が来たとか。

とにかくやるからには正当防衛を証明したいとばかりにあちこちから事件の取材を進めていきます。

で、あともう少しで被告に有利な証言が得られるところで、国からの嫌がらせが・・・。

弁護士の免許を取り上げようとしてみたり、脱税の疑いがあると言って事務所を荒らしまくり。

そんな度が過ぎた嫌がらせにも屈することなく彼は被告人に有利な証言を得ることができたのです。

国家権力こわっ

最終的に裁判には負けるものの、相手方の検事にも大ダメージを与えることができ辞職に追い込むことができたのです。

で、辞職した彼が最後に現われ、弁護士として再スタートすることになり、「国家には奉仕すする人間と犠牲になる人間が必要なんだよ」といったセリフがかなりザワッときました。