ドラクエの洞窟よりワクワク「CAVE」

洞窟と言えばドラクエ

洞窟というワードを聞くと、真っ先に思い浮かぶのがドラクエ。

落とし穴あり、ループあり、隠れ階段ありとプレーヤーをワクワクさせる仕掛けがたくさん。

今回の作品も、ドラクエにも勝るとも劣らない仕掛けの数々。これは当たりのアドベンチャー映画とは最初は思いましたが・・・

cave

立ち入り禁止の洞窟とくれば

パーティは訳ありの男女混成の3名パーティ。男2名は元軍人といった形で体力、腕力には自信あり。冒険には頼もしい。

で、残り1名は女性で、この人も運動神経抜群。が、一つだけ問題なのが男性2人ともつきあっていた、つきあっているという関係。

ある意味、元彼女との探検はどうかなといった感じ。

案の定、今の彼と冒険中だっつうのに事をし始めちゃうし、彼としては何かひっかかるものがありました。

cave

道なき道を進む洞窟の旅

入口は人が通れるほどの小さい穴なのに、中に入ると東京ドームとは行かないまでも広い空間がが出現。

その先を進むと細い切れ目から階下に広がる空間を発見し、さらに下へ。

今度は人が這って進まないと移動できない隙間を抜けると湖が出現してと、探検としては十分楽しめる洞窟。

が、そんな楽しい探検を台無しにしたのが大量の血が付着した寝袋や湖で溺れてしまったダイバーとの遭遇。

これを機にアドベンチャー映画からサスペンス映画へと豹変していきました。

cave

悶々が爆発しちゃったうよ。

1人蚊帳の外感が漂っていた彼。彼女への想いを断ち切ることができないまま、この旅に参加したもんだから、今彼への憎悪が増す一方。

で、彼女がいないすきに事故に見せかけて彼を殺してしまいます。

これで二人きりとなり、安心したのも束の間、彼女の献身的な救命活動で彼が息を吹き返し、喜ぶ彼女、驚く彼。

彼が意識を取り戻し、「この男は俺を殺そうとした」なんて言われたら、大変。

彼女に助けを求めるよう、入口まで行かせ、その間に彼を再び殺めようと画策。

が、間が悪いというか、ちょうど首を締めている所に彼女が戻ってきて、彼の仕業ということが露見。

自分も殺そされると思った彼女は、彼から逃げるようにその場を立ち去ります。

cave

最初はあんなに仲が良かったに・・・

彼女を見失った彼。とにかく救助を呼ぼうと外部と携帯で連絡を取り合っている所に、彼女の復讐の一撃を喰らい帰らぬ人に。

あんなに仲の良かった3人だたのに、洞窟を出る時には何故か1名。

とにかく一命を取り留め洞窟から脱出した彼女でしたが、次なる災難が・・・

2作目が楽しみでなりません・・・