仮面ライダー的なノリの「G.I.ジョー バック2リベンジ」

G.I.ジョーといえば

両さんが、駄菓子屋で発掘するお宝フィギアとして再三登場するGIジョー。○○年代のものが指の関節まで動き、それを誇らしげに語る両さん。予備知識ゼロでも、子供ながら興味をそそられました。

gi_01

で、映画G.I.ジョーと言えば・・・・。

特攻野郎Aチームばりの先鋭部隊で、困難なミッションを事も無げにこなしてしまう。冒頭の北朝鮮に潜入して、捕虜を救出するくだりを観て、そう思いましたが、見事に覆されました。

チームにギャバン。対抗勢力にもギャバン

驚いたのがチームの中に、ギャバンがいること。特殊なコスチュームを着ている「スネークアイズ」がそれ。生身の人間の中に、一人だけヒーローものが加わり、かと言って前に出すぎず、ある意味サブ的な位置づけ。加えて、敵はコブラと名乗る悪の結社組織。ボスキャラもギャバンチックで、この映画は特撮ヒーローものか?と見紛うほど。

GI_02

素直に楽しめるアクションもの。

一番の見所は山岳地帯での「スネークアイズ」と敵組織との攻防。命綱片手にバッタ、バッタと敵を振り落としていく様は圧巻。もの凄い高所でのバトルなんで、観ていて手汗が半端なく、緊張と興奮の連続。

ヒーロー+生身の人間の混成チームによるアクション映画に、どこか浮世離れ感は否めませんが、新鮮な感じもあり、最後まで飽きること間違いないしです。