宇宙人に勝ったよ「インディペンデンスデイ」

とてつもないでっかい宇宙船

宇宙人侵略ものはいくつか見てきましたが、一番怖かったかも。ET見たいなフレンドリーな宇宙人だったりいいんですけどね・・・。あそこまで侵略的だと、ホント考えちゃいますよね。

主なあらすじ

ある日、未確認飛行物体をキャッチし、隕石かなと思ったら、なんともバカでかい宇宙船ということで、ビックリ仰天。それがとてつもなくバカでかく、新宿副都心まるごと。そんなどでかい物体が空に浮遊しているだけでも驚きなのに、いきなり街並に向かってビームを発射するんですから、もう地球人は大パニック。

確実に勝てないでしょ

売られた喧嘩は買うというこで、アメリカの軍隊が早速出動。戦闘機を数百機飛ばし巨艦に挑みます。が、宇宙人も母艦の中から、コバエ的な戦闘機を数百機飛ばし応戦。

この戦いで五分の戦いに持ち込め、これなら勝てると思った米国軍。今度は本丸、母艦を撃沈することを試みます。が、母艦には全く攻撃が通じず、逆に撃沈される始末。

その訳は、攻撃の瞬間にバリアをはるわけです。これがどんな攻撃も防御するとてつもない代物。これをかいくぐらないと母艦を沈めることはできない。

インディペンデンスデイ

ウィルスで混乱させちゃう作戦

そもそも母艦を操っているのは宇宙の彼方にいる親母艦。この親と地球を侵略している子母艦と通信を行い、親がバリアを張ってくれる訳です。なので、親母艦の通信にウィルスをしこんで、バリア張りをキャンセルさせちゃう作戦に出ます。

地球存亡の危機を回避

で、親母艦を叩きに選ばれたのが、ウィルスミスとITオタクの2人。宇宙まで戦闘機を飛ばしたら、お目当ての親母艦を発見。見事艦内への侵入に成功し、ウィルス混入に成功。加えて親母艦爆破にも成功。

宇宙人って勝ったよ「インディペンデンスデイ

地球上では、バリアの張れない母艦相手にアメリカ軍が襲いかかり、見事撃沈に成功。

宇宙人からの侵略から無事独立に成功したという意味で、インディペンデンスデイというタイトルに繋がるわけです。

まぁ、本当に九死一生を得た地球。宇宙人もスキあらば、日本をのっとちゃう事を学びました。