同姓だよ?と思わずツッコミたくなる「私が生きる肌」

究極の性転換

映画だからでしょう。でも医学が進化したら、この映画で描かれていることも実際に可能かも。

主演女優のエレナ・アナヤが惜しげまなく裸体をさらします。美しいの一言です。が、アントニオ・バンデラスが演じる医者に監禁されています。彼のほぼモルモット状態で、色んな実験を試されるわけです。

医学的にはNGなことのようで、そんなことから秘密裏にしないといけないだと思いましたが、さにあらず・・・。

実は、その実験台が元は男の子だったというからビックリ。

興ざめしちゃうな男と思うと

というのが、解っているからというのも、主演のエレナ・アナヤの裸を観ても、何かさっきまでの興奮はなく、何かちがった感情が・・・。

彼も、一生、女性として生き抜く覚悟を決めたのか、アントニオ・バンデラスに抱かれるまま。拒否も一切なし。

心までも転換しちゃったのかと思いましたが、ラストはとんでもない展開に。

この男性が何故、実験台になったのか、性転換後の女性は誰を元にしているの?と色々と気になる点もいくつかありますので、是非