結果オーライ?NUMBER37 ナンバー37

麻薬バイヤーが悲劇の始まり

貧乏暮らしから抜け出したくてやばい仕事を引き受けてしまった主人公ランダル

前任が結局お金を回収できずにボコボコにされているの目の前で見ていたのに何故手を出してしまったのか。そこまでの判断ができない位に追い詰められていたのでしょう。

で、結局はランダルも前任同様、お金を回収できず元締めから矢のような取り立てを受け、片足を失うほどの仕打ちを受けます。

痛い目に合わせて恐怖で縛り上げてとにかくお金を回収するという元締めの凄まじい執念を感じました。

NUMBER37 ナンバー37

きっかけは彼女からの誕生日プレゼント

そんな不幸に見舞われたランダルを献身的に支える彼女

車椅子生活を余儀なくされ、塞ぎ込んでいる彼に、暇つぶしにと双眼鏡をプレゼントします。

今や日本でも女性人気とも言われるあれです。こちらはジャニーズや宝塚などのファン層に支えられ、ちょっと使用用途が違いますが・・・

毎日家で一人ぼっちのランダルはある日、双眼鏡で向かいの団地の様子を見ると思わぬ現場を発見。

それは、団地内では有名なやんちゃグループの家で、行われた警官殺しの一部始終

で、ランダルはひらめきました。

彼らを恐喝してお金をせしめようと・・・

NUMBER37 ナンバー37

取り立て屋はマジ怖っ

というのも、麻薬元締めからの取り立てが今なお続き、10日後までに返済を約束していたのです。

車椅子でまともに職につけない身体なのに、やり口がかなり卑劣。

しまいには彼女の命がどうなってもいいのか脅し、手付金ということで彼女の指を切断する始末。

ここまでの恐怖体験を受けると例え危険な橋とはわかっていても渡ってしまうものなのでしょう。

NUMBER37 ナンバー37

大金を手にすると人はこうも変わるのかい

てなわけで、近所の舎弟とも言える仲間に、脅迫計画の協力を求めるわけですが、相手が団地内では札付きの極悪グループなので最初こそ断ったものの、兄貴ことランダルが不憫に思ったのか最終的には協力し、見事彼らからお金をせしめる事に成功。

無事ミッションを終えた舎弟はそれまでの弱気な感じから一転、オラオラ状態に変異し、当初は折半だったはずが7:3で俺が7と言う始末。

さらにお金が欲しけりゃ俺の家まで取りに来いと

大金を手にすると人はこうも変わってしまうのかと半ば呆れてしまいました。

そんな彼もいきなり身なりがよくなったのを団地内の人達に怪しまれ、極悪グループの知るところとなり、彼らに殺されてしまうのですが・・・

NUMBER37 ナンバー37

まるでコントだよ。まさかの鉢合わせ

で、とうとう来てしまった借金返済当日。家に乗り込んだ元締めとランダルが首謀者と知った極悪グループがランダルのお家で鉢合わせ。

極悪グループは元締めをランダルと勘違いするし、元締めはランダルが話していた大金を持つ友人だと思っているし、まるでアンジャッシュのすれ違いコント状態に。

こうしてズレているまま互いが争い刺し違えて、ランドルはこの貧乏な暮らしからめでたく抜け出すことができたのでした。めでたしめでたし

NUMBER37 ナンバー37

コメント

タイトルとURLをコピーしました