とんでもないお家に引っ越しちゃったよ「パニックルーム」

即決で決めたは見たものの・・・

マンハッタンの超高級住宅に引っ越しを決めた母子親子。家の中にはエレベーターがある4階建てのお家。以前住んでいた人はかなりの資産家。亡くなられたということで、急遽売りに出ていた物件。

いくつかの物件を見て回ったものの、決め手をかきやっと御眼鏡に適う物件を見つけました。

そもそもは旦那の不倫が原因。家を飛び出し二人で新たな人生を歩もうと期待に胸を膨らませていた矢先に、とんでもない事件に巻きまこれてしまいます。

パニックルーム

防犯カメラがあること事態が凄いんですけど

引っ越し祝いは出前のピザ。どこか寂しい感じがしますが、とにかく疲れ果てているものだから、手料理をつくる気力もない。

二人共早々にベッドルームに入り早めの就寝したものの、夜中に目を覚ましたママ。ふと監視カメラを観ると、そこには不審な人物が家の中を歩いている姿が・・・。

本来なら、足が竦んで呆然とする中、真っ先に娘の安全確保に動き、ベットで熟睡する娘を叩き起こし、セイフティルームに避難します。

このセイフティルームは言わば泥棒対策の部屋。周囲をスチールの壁で覆い、中には食料やらトイレもあり、しばくの間は籠城できるというシェルターと言っても過言でないようなお部屋。

無事逃げ込むことに成功したのは良いけれど、残念なことに泥棒達に居場所を察知されてしまいます。

パニックルーム

執拗な嫌がらせに立ち向かうママ

とにかく泥棒達にとっては、母子をセイフティルームから出さないことにはお目当てにありつけない。ので、必死になって彼女たちを部屋から出そうとあの手この手を繰り出します。

部屋の直下の天井を壊し、そこからの侵入を試みたり、部屋の中にガスを注入したりと。

ただし、どれも決め手をかき、なかなかセイフティルームを突破できません。

そうこうしているウチに泥棒達も、イライラが募りついには仲間割れ。3人いた一人は仲間に拳銃で打たれ即死。数が減れば彼女たちに有利。彼らの行動は全て監視カメラに映っているので、現在地は把握できます。

パニックルーム

娘の発作がママを奮い立たせる

状況は彼女たち有利で進んでいたものの、娘の持病が再発。呼吸困難に陥り、薬を打たないと危険な状態。

そこでママは大きな賭けに出ることに。泥棒達の居場所を把握しつつ、セイフティルームを出て、冷蔵庫に置いてある薬を取りに行きます。

が、泥棒の1枚も2枚も上手。彼女が部屋を出たすきに、セイフティルームへの侵入を果たし、両者の状況はテレコ状態に。ママは部屋の外。泥棒達は部屋の中。

そして残された娘の命やいかに。最後まで息詰まるやりとりが続きます。ぜひ御覧ください。

パニックルーム