スターウォーズ エピソード1|おさらい

数十年振りにエピソード1観賞

最新作のローグワンが上映したばかりで、いつも以上にスターウォーズ熱が高まっている昨今。

ちょうどWOWOWで全シリーズを放送していたもんだから、これを機会にエピソード1~エピソード6までぶっ通しで観てみようと思いつき、今回がその1回目。備忘録も兼ね、エピソード1のストーリーをまとめました。

スターウォーズ エピソード1

通商連合VSナブーがことのはじまり

宇宙の中で銀河共和国という緩やかな国同士の連合組織があって、その加盟国同士でいざこざがあったというのが事の始まり。強国もあれば弱小国もあり、強国通商連合が、弱小国ナブーの航路を封鎖したことで、調停をジェダイに依頼。

つまり、この時代のジェダイは国同士のいざこざの調停役として役割も担っていたのです。

他にも共和国内の警察的役割も担っている感じがしました。

スターウォーズ エピソード1

ジェダイVS暗黒卿シス

エピーソード1は、通商連合VSナブーという国家の争いを軸にストーリーが展開しますが、通商連合側には暗黒卿シスが、ナブーにはジェダイがつき、両者の代理戦争と言ってもいいでしょう。

んで、暗黒卿シスの子分がエピソード1で検索すると必ず出てくる赤、黒にペイントされたキャラクターダース・モール

三国志で言えば呂布でしょう。ジェダイ2人を相手に互角以上の戦いをしちゃうのですから。

スターウォーズ エピソード1

この母親想いの子供がまさか・・・

ナブーの女王陛下アミダラの護衛を任されることになったジェダイ。マシントラブルである惑星で部品を買いに出かけた所、後のダースベーダー、アナキン・スカイウォーカーに出会い、幼いながらも彼がタダだものではないことに驚きます。

血液採取をして調べたらミリクロリアンが尋常な数値に達していてフォースにバランスをもたらす、予言の子ではないかと。

てなわけで、ジェダイはアニーを一時的に預かることをアニーの母に提案。すんなりと承諾され、こうしてアニーはジェダイとしてのつらい修行が始まるのでした。

ママとの分かれ間際に「一日でも早くママを奴隷から解放させる」といった孝行息子がまさかあそこまでグレてしまうのか。母が知ったらどう思うか・・・・

スターウォーズ エピソード1

エピソード1では全容はつかめないジェダイって何?

ジェダイにはそもそも評議会があって、そこで決められた内容をジェダイが執行します。

国同士の外交スタッフやナブー女王陛下警護などなど。

ここまでは理解できるのですが、そもそもジェダイって何?アムロみたいなニュータイプ?。フォースって?、ミリクロリアンって?。

ヨーダーが口にした「憎しみは苦痛に繋がる、オマエには恐れがある?も気になるし・・・。

とにかく伏線てんこ盛りでシリーズを追うごとにこれらが回収されていくんでしょう。

これからの展開が大いに楽しみです。