特に盛り上がるわけでもなく・・・アイネクライネハトムジーク

多部未華子登場まで時間がかかる

誰が主人公なのかが最初はまったくもってわかりませんでした。

多部未華子が主演というだけで飛びついたのに中々出てこない。

冒頭は貫地谷しほりの恋愛話が中心。世話焼きのMEGUMIが彼氏のいない貫地谷しほりに彼氏を紹介するという設定。

最初こそ、気乗りではなかった貫地谷しほりであったか、電話越しから伝わる弟くんの誠実さに、どんどんと惹かれていきます。

といった具合に話は貫地谷しほりの恋愛話が中心。

待てど暮せど中々、多部未華子出てこず、どのような形で登場するのか逆に期待度が高まっていきました。

いよいよ真打ち登場。仙台駅にて

そしていよいよ登場の時がやってきます。

三浦春馬演じるサラリーマンが街頭アンケートを通行人に依頼しているシーンでのこと。

ちょうど、そこに現れたリクルートスーツ姿の多部未華子。

路上ライブの弾き語りミュージシャンの歌に聴き入っており、その姿に三浦春馬演じるサラリーマンは何かを感じたのでしょう。

一旦はその場を後にしたものの、その後、彼女を追いかけアンケート記入を依頼。

本音を言えば、食事にでも誘いたかった所でしょう。が、こちとら仕事中。そんな邪な気持ちはご法度。

こうして多部未華子とは、その場でさよならしてしまうのですが・・・。

貫地谷しほりの恋愛が着火

一方の貫地谷しほりの恋愛の方も、これまた見ている側にとってはやきもきの連続。

電話だけのやりとりだけが続き、一向にリアルで逢いましょうと切り出せない。勇気を振り絞って食事に誘うと、話を振るタイミングで、まさかの彼からの一言。仕事が忙してくしばらく連絡できないとのこと。

これってフラれたも同然。見事なカウンターパンチに貫地谷しほりは茫然自失。っていうか、誰も皆、この一言を喰らったらこのようになるでしょう。

相手に脈アリと踏んで踏み込もうとしたら、扉を閉ざされて振られてしまうのですから・・・。

ジム職の彼はボクサーに仰天

さっそく、姉のMEGUMIに弟からカウンタパンチを食らったことを報告。

貫地谷しほりには事務職とだけ伝え、電話連絡できないほど忙しい事務職って何?と納得がいない様子の貫地谷しほり

MEGUMIにも、弟からこの報告は入っており、世界チャンピオンになったらおつきあいをお願いするというのもの。

が、血のめぐりが悪いのか、貫地谷しほりには弟が世界タイトルマッチ戦を控えるボクサーということが伝わらず、なぜか他力本願の男性と捉えてしまいます。

てな感じで、大盛りあがりを見せる貫地谷しほり。結果的には彼は世界タイトルマッチに勝利し、公約通り貫地谷しほりに報告。

二人はカップルとなるのでした。めでたし、めでたし。

肝心の三浦春馬の恋は?

で、気になるのは多部未華子に一目惚れした三浦春馬の恋の行方。お相手は多部未華子。

この恋が果たしてうまくいくのか。見てのお楽しみです。