いよいよ開戦。「ガンダム オリジンⅤ」

人気があるんだなと実感

Amazonプライムで、シリーズⅣまで無料視聴。回を重ねるごとに面白さを増し、自分の中では久々の没入できる作品に巡り会えることができました。

続けざま、シリーズⅤを視聴しようとした所、有料。しかも1000円だと。1000円はあまりにも高いと思い、ゲオやツタヤのネットレンタルを調べた所、まだ貸し出しもされておらず、これから貸出をしますよとのこと。

てなわけでレンタル開始まで指折り数える日々を過ごし、解禁と同時にレンタル予約をしたものの、待てど暮らせど貸出中。一向に借りられる気配なし。

ツタヤでレンタル予約をして、2週間位過ぎてからでしょうか、ようやくレンタルできることに。ツタヤの人気ランキングでも上位になるなど、本作品の人気の高さが伺えました。

ガンダムオリジンⅤ

いよいよ開戦

シリーズⅤは、地球連邦軍とジオン公国の開戦が描かれています。互いにくすぶっていたものが一気に爆発。てか、ジオンがかなり挑発的な態度に出ていたというのもありますので、なるべくしてなったといった方が良いでしょう。

開戦に踏み切ったのも、それまでの戦争兵器とは全くレベルの違うもモビルスーツの量産に目処がついたから。

開戦となるや、ジオンの電撃攻撃は凄まじく、地球連邦と艦隊に砲撃を開始するや、グラナダを占拠するや、コロニーを攻めるなどやりたい放題。戦争は初動が大事。勢いに乗じて、そのまま突き進む様子が見てとれます。

ガンダムオリジンⅤ

とにかくリアリティ感が半端ない

ファーストガンダムでは、どこか浮世離れした話で、現実とは別物。アニメと割り切って観ていました。そんな視聴の仕方でも十分楽しめる作品でしたが、オリジンの場合は、どこか現実社会とつながっている感じがあって、さらに輪をかけて見応えがあります。

戦争につきものの、市民によるデモ。それを制御する軍隊や毒ガスを使って戦争には関係のない市民の大量殺人などなど。

そして、極めつけはモビルスーツを新たな戦争兵器として登場させる点。戦車、飛行機、戦艦、その延長線上にモビルスーツを置くことで、これは戦争なんだということに気付かされます。けっして、ロボット同士との戦いという甘いものではないのだと・・・

ガンダムオリジンⅤ

シャアがかっこよすぎる

この開戦をきっかけに、シャアの代名詞と言える赤い彗星と呼ばれるようになるのでしょう。とにかく地球連邦の戦艦の数といったら、とんでもない数。その砲弾の壁をスイスイとすり抜けて戦艦を全滅させるというのですから、シャアというのは人間を超越した生き物だとあらためて実感します。

おそらく、この戦いの様子がシリーズⅥで描かれていくのでしょう。

レンタル開始前に、今度は劇場に足を運んで観ちゃうかも。そう思わせるほど、この作品はガンダムファンにとっては最高の作品だと思います。

ガンダムオリジンⅤ