25年後も闇の中。映画「光」

衝撃的すぎる妻の不倫

娘一人のどこにでもいるようなごくごく普通の家族。娘の将来を考えて私立の小学生に通わせたい妻に、あまり乗り気ではない旦那。どうしてこうも旦那は協力的でないのと不満のちらかせるも、その食卓のシーンは幸せ感じがしました。

娘を幼稚園に預け、電車を乗り継ぎパートにでも出かけるのかと思いきや、向かった先は若い男性のアパート

中から出てきたのは朝からパンツ一丁で頭はボサボサの瑛太演じる男性。通い慣れた感じがアリアリで、奥さんが部屋に入るやいなや・・・・

あんな真面目な奥さんなのに、あろうことか昼間から情事を楽しむとは、人は見かけによらないなと思いました。

映画、光

旦那はもっと上手

この不倫相手、実はかなり綿密に計画をしていたようで、この家庭からお金をゆすろうを考えていたのです。

この家族の後をつけて偶然を装って妻に接触し不倫の道に誘い込むことに成功。

ある日、奥さんの旦那を電話で呼び出し、市役所づとめの男性に対し、妻が不倫していることを暴露。

公になれば、旦那の今の立場は危うくなると脅し、お金をせびります。

ところが全く驚きもしない旦那。やれるものなら、やってみろというスタンス。

それよりも驚いたのが、この2人、幼い時にある島で幼少期を過ごした中。

当時から兄貴としたっていつも後をつけていた純真な子供が今では、その兄貴の人生を壊そうとしているのですから、ちょっと怖さを感じましたね。

昔からの仲もあったのか、それとも妻への愛情が薄れているのかわかりませんが、とにかく旦那さんは聞く耳持たないという感じでその場を立ち去るのでした。

光、映画 光、映画

次なる標的は、初恋の人?

この2人と幼少期に一緒に過ごした子供がもう一人いました。それが旦那の初恋の相手とある女性。

それが今ではテレビでひっぱりだこの女優さんになっていたのです。

てなわけで、金にならない旦那からこの幼馴染の女性をゆすることにしたのです。

そのゆすりの内容が、人殺し

そう、この旦那と女優は数十年前にある殺人事件を起こしていたのです。

ある離島で起きた事件、犯人は見つからず大きなニュースにもなりませんでしたが、その闇をずっと大人になっても引きずっていたのです。

2人だけの秘密と思いきや、まさかの他にもこの事件を知っている人間がいたのは。

光、映画

皆、闇の中

口封じのためにお金で解決する女優に対し、俺が何とかするとお金を受け取ろとしない旦那。

あの殺人事件以来、二人は心の中に闇を抱えながら生きてきて、今になってまた蒸し返されるという最悪の状況におちいってしまったのです。

この闇から開放されることがあるのか、最後はちょっと悲しい気分になります。

光、映画