深い傷を負ったけどあれが正解「ひとよ」

全てはここから。DV三昧の父に母の鉄槌。

奥さんに対してならまだしも、子供たちにも暴力を振るう父。酒が入るとヒートアップ。長男に対して殴る蹴るわ、しまいには物で殴り倒す。

悲鳴を上げる末っ子の女の子には「うるさい」とこれまた暴力をふるい、止めに入った次男も返り討ちに合い、3人がかりでもびくともしない父。

長男は腕を骨折、次男と末っ子の顔は傷だらけ。日常的にDVが行われているのが見て取れました。

そんな現状を見かねた母は、一大決心をして父をクルマで轢き殺します。

呆然とした状態で子供たちの前に現れ、これから自首する旨を告げ、15年後に再びあなたたちの元に戻ってくると近います。

最後に、これであなたたちも自由にやりたいことができる、父からの解放を告げた言葉が全ての始まりだったのです。

事件から15年後。母現る

月日は流れ子供たちは成人を迎え、長男は結婚して子供を授かり、次男は故郷を離れ、一人暮らし。

末っ子の女の子は美容師の夢を断念し、飲み屋で働く毎日。

実家のタクシー会社は、父なき後、義理の弟が社長となり切り盛りすることとなり、15年前に比べるとタクシーの台数も増え、やや規模も大きくなりました。

といった具合に、あの事件がなかったのごとく平和な日常が過ぎていた所に母親が舞い戻ってきます。

親戚はウェルカムも、子供たちは微妙・・・。

再開を喜ぶ母親。出所後はすぐに実家に戻らず、様々な場所を転々として事件のほとぼりが冷めるまで、一切家族とは連絡を取らず、親戚、家族も不安にかられていました。もう二度と会えないのでは諦めていたほど。

その母が戻ってきたということで親戚は大喜び。みんな笑顔で迎えるも子供たちの反応は様々。

母っ子の末っ子は最初こそ戸惑いを見せたものの、しだいに心を開き、母親と一緒に寝たり、久しぶりの母との再会に喜ぶ態度を示します。

長男も態度はよそよそしいものの、やはり育ての親に対して愛情は失われておらず、しだいに心を開いていきます。

問題は次男。久々に帰郷して母の前に顔を出すも、思いっきりのよそよそしさ。妹にその態度は何?とたしなめられるほど。

親が犯罪者という重い十字架を背負う

DVの父から子供たちを守った母。近親者にはそのように見られても、世間の顔は冷たいもので、人殺しの母ということで、ビラをまかれたりなどの嫌がらせを数年間受けてきました。

しかも、そのネタをリークし、記事に起こしていたのが次男だったというのが衝撃的でした。

何故、このような行動を取ったのか、そして、この事実を知った母の態度に、ジーンとくるものが。

表面的には心が通い合っていないように見えても、心の奥底では繋がっているんだなと感じました。

とにかく、の演技力の高さがやけに印象的な作品でした。