いないと気づく石田えりの存在感。「釣りバカ日誌7」

みち子さん役が浅田美代子

シリーズ5、6が録画できず、シリーズ3からシリーズ7へ。確かシリーズ3では、みちこさんの妊娠報告で終わり、これからという面白くなるという矢先だったのに・・・録画忘れが悔やまれてならない。

で、そんな状況にみちこさん役まで変わっている始末で、追い討ちをかけるような悲劇感

釣りバカ日誌

エロさがない

恒例の合体シーンも、何故かエロさ感がまったくなし。

シリーズ7では、不発に終わり、色々な意味が含まれているんだなと勘ぐってしまう。いかに石田えりの存在感が大きかったのをあらためて実感

釣りバカ日誌

寅さん的演出

シリーズ3まではなかったご近所を巻き込んだ大宴会。何故か松崎しげるが出ているのには笑えたけど・・・。

この演出って、寅さんぽい感じがして、そっちに寄せてきた感じがした。浜ちゃんが町内の人気者という設定になっていて、これでアパッチけんの登場回数が増えるのはうれしい限り

スーさんのカミさんが出演していない。

それと気になったのが、スーさんの住まいが和風の平屋からコンクリート造りの近代的なおうちに変わっていたこと。

加えて、しょっちゅう、チャチャを入れるカミさんが出てこず、もっぱらお手伝いさんが身の回りの世話役として登場。

恐らく、スーさんの恋愛話でシリーズが展開されることを感じたが、この先、どうなることやら。今後の展開が楽しみ

[amazonjs asin=”4063246027″ locale=”JP” title=”罪(immorale)―石田えり写真集 (FRIDAY DELUXE)”]