復讐も不発。残念すぎる「よこがお」

甥っ子のやらかしで人生暗転

主人公のケアマネジャーの女性は、通い先の家族からも信頼厚くその働きっぷりに子供たちまでもが、ケアマネージャーに思わせるほど。

おばあちゃんの介護をきっかけに家族ぐるみのおつきあいがはじまり、時間を見つけては子供たちに介護士の勉強の面倒みていました。

そこに学習教材を持って立ち寄った甥っ子。この彼と子供たちを引き合わせてしまったことで、彼女の人生が大きく変わってしまうのでした。

信じていた人がまさかの裏切り

この甥っ子、あろうことか、おばのお客様に手を出してしまいます。それも拉致監禁。中学生女子が行方不明となり連日マスコミのトップを飾る大事件となり、安否が注目されていました。

が、周囲の心配をよそに女子中学生は無事保護され、事件は一件落着。が、犯人が自分の甥っ子を知った女性は大きなショックを受けます。

家族に親戚の事を話そうかと思いましたが、お姉ちゃんが真実を告げるのはやめた方がいいと止めます。

これにのっかる形でしばらく黙っていましたが、しばらくすると犯人の親戚がマスコミにばられてしまいます。

この事実を知っているのはお姉ちゃんだけ。親身になって擁護してくれているかと思いきやまさかの裏切り。

これには彼女も開いた口が塞がらないといった状況でした。

情報捏造の怖さ

犯罪者の親戚ということだけなら、彼女は責められることはありませんでしたが、なぜか彼女も共犯者ということで、誘拐の手引をしたという事実無根のネタがマスコミに流布されます。

こうなると、真実を言っても全く周囲は聞く耳持たない。言えば言うほど悪化するという状況に陥っていきました。

壮大な復讐を計画したけれど・・・

甥っ子の犯罪、そしてお姉ちゃんの裏切りにより介護マネージャもやめることとなり、さらには婚約も解消。

人生を破滅に追い込まれた彼女は、お姉ちゃんに対して復讐を誓います。

それがお姉ちゃんの彼氏を寝取るというもの。

美容師の彼に、客を装い近づき、彼の自宅近くに引っ越して四六時中監視。偶然を装って再度接触を図り、連絡先を交換して・・・。

着地点なくさまよう

彼の携帯を使い、自分の満面のえみの顔写真と裸のは写真を彼女宛に送信。

これで寝取るという復讐も見事成功し、これまでの経緯を彼に説明。夫がなくなったというのも全てウソ。復讐のためにあなたに接近したと。

が、残念なことに既に彼女と別れていること知り愕然。ショックを通り越して虚しさのあまりただただ笑うしかない彼女が印象的でした。

結局は人生のどん底に転げ落ちてしまった顛末を見せられたようで、怖いなと感じた次第です。