ストップひばりくん。80年代ジャンプの隠れた名作

今から30年前も昔の話ですが・・・

週刊少年ジャンプを買い始めたのが今から約30年前。当時の連載漫画は風魔の小次郎キン肉マンアラレちゃん両さんキャプテン翼などなど。今考えると何と贅沢なラインナップなことでしょう。

これらの人気作品に負けず劣らずの人気を博していたのが。容姿は女の子。なのに実は男の子という斬新な設定。毎週楽しみにしていましたのに作者の江口寿史さんが身体が弱いのか、休載がやたらと多い作品でした。

毎週連載していれば、もっとヒットしていたと惜しまれます。

ストップひばりくん

今読んでも古さを感じないギャグ

あれから30数年。久しぶりに読み返しましたが、中年親父となっても十分に楽しめす。

ギャグのセンス、繊細なタッチ、ちょっとエッチな内容などなど。

ということで、ストップひばりくんの魅力を伝えたいと思います。

ギャグのセンスがピカイチ

お父さんが急に発作を起こすシーン

政ニさんが耕作君をおこすシーン

ひばりくんに対する突っ込みなどなど

お決まりのネタ化していますが、笑ってしまうのは作者の画力の高さにあると思います。

繊細なタッチは秀逸

一番驚いたのが絵のタッチですね。とにかく一つ一つの線が繊細で細やか。角のない滑らかなラインがキャラクターの表情を生き生きとさせています。

ひばりくんの表情が豊かなのも、この口元の描き方がうまいからでしょうね。

特に表紙の絵は作者が一番力を入れていたのがわかります。スクリーントーンの使い方が個人的に好き。かと言ってベタで描いた表紙もこれまたいい。

すすめパイレーツ時代の絵のクオリティを見ている僕としては、これが同じ作者?とただだ驚くばかりです。

  • ストップひばりくん1
  • ストップひばりくん

ほどよいエッチがいい

今なら完全にアウトな表現もいくつかあります。

小学生にとっては刺激的でもあり、エロに目覚めるよいきっかけになっていたかも。

当時、小学生だった僕が今でも記憶に残る名場面がこちら。

この指の形でどうしてエロなのか友達同士で話題意にもなりましたね。結論はでなかったですけどね。まぁ、親に聞かなかっただけ良かったかも。

それと梶先輩のこのセリフ。今でも鮮烈に覚えています。僕の中では名言です

ストップひばりくん

こんな優れた作品だったのに・・・

今になって、ストップひばりくんの素晴らしを知りました。

当時は、よく休載して続けて読むことができませんでしたが、こうしてまとめて読んでみると作品の素晴らしさをあらためて感じます。

未だに多くのファンの方が復活を望んでいるのが頷けます。

が、作者の江口寿史先生はきっぱりと復活は否定しており、残念でなりません。

原作が江口寿史先生で、画を新人にやらせてみてはどうでしょう。この絵のクオリティを出すのは相当大変だとは思いますけど・・・

ストップひばりくん