強かった!!穴井選手おめでとう

原江里菜ロングパット沈める

久々の原江里菜。ちょうどテレビを見始めた時にロングパットを沈めバーディ。

-8で、首位穴井から5ストローク差。これはイケると確信しました。

14番でラフに入れても見事なパーオン。

16番ホールでもラフからのアプローチを寄せきれなかったもののしっかりパーで沈め崩れそうで踏みとどまる。これはと思いましたよ。

終わってみれば4位だったかな?。けど久々の上位入賞でファンとしては嬉しい限りです。

現在賞金順位で17位と言ってました。

彼女なら10位圏内に入れる実力は十分あるので次回も頑張って欲しい

原江里菜

申ジエが怖い

スイングにムダがなく、他の選手とは別格。さすが全米を制しただけあります。

サングラスをしながらの時折見せる笑顔が怖いのなんのって。何か企んでいるのでは?と勘ぐってしまいます。

15番のバンカーショットもいとも簡単にピンそばに寄せて、あっさりパー。

圧巻だったのは17番ホールのロングパット。

まさにしてやったり。パトを決めた後の笑顔がまたこれが怖いのなんのって。

この時点で首位穴井選手とは2打差。

じりじりとプレッシャーをかけていきました。

申ジエ

さすがのイボミ

14番でピンそばにつけ相変わらずの強さを発揮。この調子ならと思いましたが、バーディチャンスを幾度となく外すシーンも見受けられました。

が、このままズルズル行かないのが韓国勢。精神的にめちゃくちゃタフ

17番ホールでは、ピンからの距離が数十メートル。これはパーセーブは無理かと思いましたが、周りの人がどよめくほどのナイスタッチで難なくパーセーフ。

といった具合に終始惜しいゴルフをしていたものの、あと一歩届かずといった感じでした。

最終ホールのバーディーパットも、あと数mmの所でボールは止まっちゃうし。けど、それさえも受け止めて次頑張ればいいや的な割り切りが女王の風格なんでしょうね。

イ・ボミ

穴井選出強すぎ

多くの日本人が終盤になると脆くも崩れ去り、優勝が手元がスルリと抜け落ちちゃう。そんなシーンを幾度と無く見てきました。

2位に控えるのは韓国勢の昨年の女王と全米を制した女王ですからプレッシャーはそうとなモノ

が、我が道を行くというか周囲の雑音を一切封じ、自分のゴルフに徹する姿は圧巻。

ボギーでスコアは落としたものの、次のホールではバーディを取り、さらにバーディを取って突き放しにかかる。

今後の活躍が楽しみな選手の1人です。

それにしても、自分のことのように喜んでいた申ジエ選手が印象的でした。

実は物凄くいい人かも。

穴井選手