Ev

自動車業界

EVの熱管理という新たな価値。デンソー

EVの課題とは ガソリン車よりも維持費が安い、二酸化炭素を排出しないので環境にやさしいなどEVはいいぞと広く喧伝されており、デメリットはあまり知られていない気がします。 ガソリン車に比べると、航続距離が短く、給油に時間がかかる...
自動車業界

国と国とのガチンコ勝負。電池生産

中国、韓国勢にやられっぱなしでいいのかに危機感。欧州勢 欧州で販売されるEVの中で、人気の中国、韓国産。クルマの歴史も長く、見る目に肥えた人が多い中で選ばれるというのは、一昔に比べると、さぞ品質も向上しているのでしょう。 ので...
自動車業界

EV工場に巨額投資。各社の本気度が伺える

T型フォード以来の巨額投資 自動車の歴史において、フォードのT型生産方式はある意味革命的でした。これによりクルマの大量生産が出来上がったのですから。 そのフォードがT型生産方式以来の巨額投資をEV工場建設で行うとのことで大きな...
自動車業界

そろそろEVがファーストカーになる日がくるかも

ガソリン代が高いのは欧州も一緒 クルマ保有者にとっては痛いガソリン代の高騰。円安、旺盛なエネルギー需要、ウクライナ危機などなどが重なり、国内のガソリン代は150円を超えるのも珍しくありません。 ガソリン高騰は、日本だけの話では...
自動車業界

バッテリーにも第二の人生。EV普及に弾み

大本命ようやく動く。トヨタ、EV本格参入 2022年よりトヨタの本格参入が決まり、ようやく日本にも真のEV時代が到来しようとしています。 これまで日産や三菱などが頑張っていましたが、国内ではそこそこ売れているものの、全世界で見...
自動車業界

商用車もEVの波が。新規参入組もいて玉石混交

結構、二酸化炭素出していますの自戒 トヨタも本格的なEV参入を発表し、盛り上がる見せるEVシフト。これも脱炭素に向けた取り組みの一環ということもあり、本丸とも言える商用車にもEV化の波が押し寄せています。 移動距離も長くほぼ毎...
自動車業界

それでも全方位戦略に変わりはない。トヨタ。目標EV350万台

いよいよトヨタもEVに本腰。数十台のEVカーを前にスピーチしたトヨタ社長の映像にさ歓喜した人も多いはず。とは言え、しっかりと引き続き全方位路線を推進していく姿勢には共感がもてました。個人的には水素エンジン車がいいいですけどね
自動車業界

そろそろ本気出しますか。始まるトヨタの反撃。EVで存在感を示せるか

EVに前のめりな世界の自動車産業ですが、その流れに異を唱えるトヨタ。PHV、FCV、水素エンジンも含め全方位で脱炭素に取り込もうと現実を直視した考えにいたく納得。2025年の未来はこの戦略が正しいかったことが証明されれば、日本は再び環境立国として世界からリスペクトされるかも
自動車業界

色々あったけど復活して欲しい日産。難題山積みだけど、これを超えたら・・・

ゴーンさん時代は輝いていたように見えたけど・・・ ゴーンさんが捕まちゃってから始まった日産の暗黒期。それまでの日産は強烈なリーダー、ゴーンさんの元、好調なイメージがあったけど、逮捕後に明らかにされた社内の惨状。 既存車種のマイ...
自動車業界

異業種から続々参入。EV開発。覇権争いを制するのは部品メーカー?

GMの本気度が伺える。外注戦略 EV界隈が騒がしい昨今、GMの取り組みにEVシフトへの本気度が伺えました。 2035年までにガソリン車をの販売をやめEVやFCVに本格的にシフトするというもので、その過程の中で、ガソリンエンジン...
タイトルとURLをコピーしました