カテゴリー
IT業界

親子上場で問われるガバナンス。Yahooの件

ZOZO買収の衝撃

これぞまさに青天の霹靂と言いましょうか、あのZOZOがYahoo傘下に仲間位入とは・・・

2019年9月、YahooがTOB(株式公開買い付け)で50.1%を上限に株式を買い付け、買収額は約4000億円。

金融関係者によれば、時価総額は過去に比べ安くなっており、プレミアムも20%で済んだということで、この買物には一定の評価をしています。

大手アパレルブランドの離反、ZOZOスーツの失敗など、度重なる失態がZOZOの価値を下げてしまったのではないでしょうか。

けど、売るまでしなくてもというのが正直な感想。もしかしたら、そこまで追い詰められるほど、業績は悪化していたのでしょう。

ZOZO

なるか、悲願の国内首位

良き買い物して、鼻息荒いYahoo。これまで楽天の後塵を拝してきましたが、少しは競争の土俵に上がれたのかなと。

とは言え、ZOZOの売上を足しても楽天とはまだ1兆円ほどの開きもあり、今後予定されているぺいぺいモールに期待したい所です。

最近、液晶テレビを中古で購入しましたが、その価格たるや4000円。楽天、Amazonも調べましたが、この価格以下の商品は見当たらず、個人的には買い物先としてはカウントできる存在になってきました。

yahoo

親の意向が色濃く

で、今回の買収劇ですが、親会社ソフトバンクの意向がかなり働いていたようですが、この手の話、これまでも何度かありました。

直近で言えば、アスクルの運営するロハコの買収。ちょと遡ると、09年にはソフトバンク傘下の法人向けIT企業の買収や2014年のイー・アクセスの買収などがあります。

ここで気になるのが大きく捉えると、親から子への買収となり、親の意向が色濃くなって買収額が引き上げられるかもという点。

となると、損をするのは子供側。

過去に、ソフトバンク傘下のイー・アクセス買収時に、ソフトバンクが4500億円の売却益を得られるということでYahooの株主が反発したことがありました。

株価

今後も親の意向でさらなる買収?

親としては子の価値をさらに高めるということで良かろうと思って判断したことが、株主からは反発を食らってしまう。

ZOZOの買収は外部企業ということで反発も少なかったですが、ソフトバンク傘下の売却ともなれば、また反発が起きることも必死でしょう。

ソフトバンクも今や投資会社の側面が強く、様々なスタートアップ企業に投資をしています。いつかはYahooに買ってもらおうと計画しているはずでしょう。

消費者として、メリットがあれば大歓迎なのですが・・・

株価
カテゴリー
IT業界

精度の高めたいけどプライバシーが・・・のジレンマ

信用スコアって何?

信用スコア事業で先を行く中国。アリババグループの芝麻信用では、アリババの利用履歴を元に、ユーザーの年齢、学歴、職業、交友関係に至るまで幅広い情報を元に、その人の信用度をスコア化しています。

ので、お給料日前でちょっとお財布事情が厳しい時に、お金を借りることができす。

利子は信用スコアに応じて変動すると思われ、スコアが低ければ利子高め、スコアが高ければ利子安めとなるのでしょう。

従来であれば、消費者金融のお世話になっていましたが、スマホで完結するのですから、こんな便利なサービスはないと思います。

が、そこは中国と日本のお国柄の違い。日本の場合、プライバシー保護に対しては、かなり敏感。ので、あまり踏み込んだ情報までとなると、逆に信用を落とすという恐れもあるのです。

パソコン

Yahooが先駆けて導入したけど・・・

日本でも、2019年6月にYahooがYahoo SCOREなるサービスを開始しました。

Yahooショッピングにおける購買履歴や飲食店のキャンセル率などを元に、信用度をSCORE化。

が、これがユーザーが認めていないのに勝手に情報収集するとは何事かとなり、大炎上。

日本と中国の違いを強く印象づける結果となりました。

個人情報

控えめなLINE SCORE

というわけで、後発組はYahooの失敗を教訓に、本サービースに参入するもその収集する情報は控えめ。

LINEが始めるLINE SCOREでは、LINE Payの利用状況をはじめ、生年月日、住所、性別、年収などなど当たり障りのない情報ばかり。

サービスを提供会社が知りえない情報はほとんど入っていないというもの。

プライバシー情報に対しては厳しく管理している姿勢を改めて説明。

「メッセージの内容や通話の中身は暗号化されているので私たちでは解読することはできない」と。

そこまで説明しない限り、日本人は信用できないでしょう。

とは言え、肝心のスコアの精度はどうなの?という感じはしますけど・・・

個人情報

個人データ銀行にも通じるものが

運営側による信用スコアではなく、第三者の団体でかつ利用者による自己申告で情報を収集する個人データ銀行というサービスもこれから本格的に始まります。

ユーザーはネットの購買履歴や基本的なプロファイルなどの情報を提供する。で、その情報をマーケティングなどに使用したい企業が買う。ユーザーに対しては報酬として割引クーポンなどの対価が支払えるといもの。

仕組みとしては従来のネット調査会社の会員向けサービスに近いものがありますが、アンケートなどに答えることなくデータ銀行に預けておけば、対価を得られるのですからこんな便利な話はないですよね。

後は情報の精度ですね。男性なのに女性を偽るようなことが起きれば、データ銀行としての信用に関わりますからね。

個人情報

個人情報は売る時代?

というわけで、個人情報が使い方次第では、お金に変わる時代が本格化されてきました。

銀行みたいに利子がつくと良いんですけどね。データの利用された頻度、提供情報の多さに応じてインセンティブとかつけば・・・。

とにかくのっかってみたいと思います。

カテゴリー
IT業界

Appleへの忖度。ヤフーの苦悩

ゲームプラス絶好調

Yahooが2017年からサービスを開始したゲームプラス。ブラウザーベースでの仕様でアプリをダウンロードする必要なし。

ゲームプラス

ラインナップを見ると、何とファイナルファンタジーもあります。

ゲームプラス

参加企業はスクエア・エニックスを含め52社。ゲーム数は約40種類と内容も充実。ここまでゲーム会社の協力を得られたのも、このサービスに参加する費用が安いからというもの。

プレイステーションが当時の絶対王者任天堂を抜き据え置きゲーム機市場で瞬く間に首位に躍り出たのもこれ。ゲーム会社の取り分が任天堂のそれに比べ高いから。

そにも似たようなサービスで幸先の良いスタートを切ったゲームプラスですが、最近では宣伝もストップし、目玉ゲームの配信も止まったままという状況。好調なのになぜ?といった感じですが、これはAppleへの忖度という向きが感じられます。

Appleのアプリ管理は徹底しているよ

今まではゲームプラスで扱われているゲームはアプリとして展開されていました。

が、技術革新のおかげでブラウザーベースでもアプリと同レベルのことができるようになりました。

ところが、すんなりとこれを認めてくれないのがApple

iPhoneで展開されるアプリは全てアップストア経由で利用しますが、課金システムを敷いたアプリなどは、その収入もアップストアから受け取り、売上の約30%がAppleに手数料として支払われるのです。

この手数料の高さを嫌って、手数料の低いゲームプラスが魅力的に映ったのは無理もありません。

ところが、Appleとしては大事な収入源を取られるわけで面白くない。てな訳で、AppleからYahooに対して何かしらの圧力があったのか、それともYahoo側が、あまり調子に乗りすぎるとAppleの逆鱗に触れるので、一旦おとなしくしておこうとしたのか。

アプリ

Google打倒をまず優先

そもそもYahooは、検索市場において絶対的な強さを誇っていましたが、最近ではGoogleに押されっぱなしといった状況。しかもスマホファースト時代になりその傾向はより強くなりました。

ところがGoogleが幅を利かすAndroid端末ではなかなか利用率も上がりにくい。ならば、iOSで頑張ろうと。シェアもめちゃくちゃ高いですし。

が、ゲームプラスの件で、既に展開中のYahooアプリに何かしら不都合が及ぶとも限らない。アップストアでの取り扱い中止ともなれば、大きな損害を被ることもありえます。

てなわけでゲームプラスサービスはしばらくおとなしくしておこうとなったのではないでしょうか

アプリ
カテゴリー
IT業界

勢いづくYahoo!ショッピング

売上2桁の伸び

年末商戦と言えば小売業の稼ぎ時。コレECサイトも同じことで、Amazon、楽天も同様に、ここぞとばかりのキャンペーンを展開して売上増を狙う訳ですが、特に目をひいたのがYahoo!ショッピングの売上。

年末年始は2桁成長を記録し、セールス好調。楽天のお尻も見えてきたかと期待も膨らみます。

Yahoo!

これでもかばりの特典ラッシュ

2桁アップにも、それ相当の施策を打っている訳ですが、これが凄い

まず期間中の購入者全員に購入金額の5%相当のTポイントを付与。

さらにプレミアム会員には10倍のポイントがつき、実質1割り引き。これが功を奏し、期間中のプレミアム会員の新規登録者数が過去最高を記録。

で、この勢いを継続させるべく年始にもこれまた大型の施策を展開しています。

ソフトバンクユーザー向けに毎日いつでもポイント10倍を展開。ソフトバンクユーザーも1000万人近くいると言われるので、そお1割でも獲得できれば相当な数になるでしょう。

さらにプレミアム会員であれば4倍のポイントが加算され、ヤフーカードの利用で2倍、5の付く費は4倍がつき、これらをまとめると実質20%の大盤振る舞いっぷり。

このなりふり構わぬ姿勢にYahoo!の本気度が伺えます。

Yahoo!

当初は色々と心配されたけど・・・

2013年に出店料無料を打ち出したYahoo!ショッピング。当時は、やっていけるのかという心配の声もありましたが、そんな不安もよそにきっちりと収益を確保しているというのだから驚きです。

出店数も楽天の4万店に対し、45万店と圧倒的な出店数。

この膨張が仇とならなければいいですけどね・・・

課題はヤフオク層の利用

年末セールでプレミアム会員の新規獲得に成功し、購入金額で見るとプレミアム会員で全体の6割を占めています。客単価も非会員に比べ3倍。

ただし、ヤフオク層の利用は3割に留まるという課題も浮き彫りになりました。

かく言う自分も、遠い昔はヤフオクには大変お世話になりました。

ヤフー・ショッピングなどはほとんど利用せず、Yahoo!でのお買い物は、ヤフオクが中心。

ただ出品者との長く続くやりとりが結構面倒で、それ以来、プレミアム会員もやめ、ヤフオクともおさらばしてしまいましたけど・・・

Yahoo!

Yahoo!ショッピングとの連携

今現在のヤフオクがどのような仕組みになっているかはわかりませんが、出品品と併せてYahoo!ショッピングの情報も掲載してもらえると比較ができて非常に便利。

Amazonのように中古品と新品も同画面で確認できる、あれに似たようなインターフェイスです。

そうすれば、オクショーンならではの面倒なやりとりをスキップして、モノが買えるYahoo!ショッピングに流れると思うんですが・・・

Yahoo!
カテゴリー
IT業界

Yahoo!出身ライターが出る日が来るかも

ヤフーニュースの破壊力

まだまだ検索と言えばYahoo!。Googleもシェアは伸ばしているけれど僕の周りではまだまだYahoo!が強い。

思うに、これって検索の他にYahoo!ニュースを閲覧したいからというのも含まれるんじゃないかなと。

パソコン

企業側としても、Yahoo!ニュースに掲載すれば爆発的に売上は伸びるし、どうすればYahoo!ニュースに取り上げられるのかを日夜研究しているとも言えます。

プロの目で厳しくチェック

このYahoo!ニュース、1日当たり80-100本と言われ、元新聞社や元NHKのスタッフの錚々たるスタッフ陣によって精査されているようです。

言わばプロ中のプロと言っても過言ではないでしょうね。

現在は大手マスコミからの記事提供という形ですが、平行してYahoo!自社で、編集した記事もアップしています。それがYahoo!ニュース個人です。

陣容がこれまたYahoo!級

ライター数はなんと約500人。時事ネタやまだ顕在化していない社会的事象をピックアップして深掘りした記事として提示しているというもの。

過去に取り上げた記事には組み体操の危険性に警鐘を鳴らしたものがあります。

今ではニュースや新聞に大きく取り上げられているネタです。

と考えると、しっかり爪あとを残しているのかなと。

独自編集ネタに力をいれいくかも

他にも、このYahoo!ニュース個人の中で外部のジャーナリストが執筆した「特集」も2015年から開始。

将来的には課金化も検討中。PVに応じて原稿料を支払うという案も出ています。

読書

と考えると巨人Yahoo!が今は記事提供という形式ですが、独自編集ネタにも力を入れていく様子が伺えます。

Yahoo!色の記事は・・・

で、気になるのが記事の質。面白いのはさることながら、書かれている内容の信ぴょう性を問われるのはでは?

週刊誌でも文春、新潮は信用に足る記事だけど、他の週刊誌はちょっと怪しいとなる。

けど、質が高く裏取りをしっかりした記事を多く取り揃えれば、その会社の信用力も上がり、ブランドとしても成立する気がします。

将来的には「Yahoo!で書かれている記事だから間違いないよ」なんて話題になることも考えられます。

変わる、ネットとの接し方

スマホ中心に変容していくネットの世界。ニュースアプリもタイトルだけ見て、サクサクと閲覧する習慣が一般化されている気がします。

が、一方ではネットで長文を読む層が着実に増えているようです。

スマホ

それがYahoo!ニュース個人の成功にもつながっているのでは?と中の人はインタビューでそう答えています。

そう考えると、自分にも当てはまる気がします。が、仕事中に長文記事の閲覧は難しいかも・・・

カテゴリー
App

歓喜!ついに自動車税もカード決済OKの時代へ

ああ、この時期か・・・

5月になると必ず届く自動車税の納税通知書。結構余裕を持って届くなので、まだまだ時間はあると余裕ぶっこいていたら、あっという間に締め切り前日。ヤバイと思う方も多いはず。

まず銀行行って現金降ろすのが面倒だし、コンビニでちゃちゃっと済まそうと思ってもランチ時は結構並んでいることが多いし・・・

えっカードOK。

で、納税通知書を開封したのが5月30日。インターネットバンキングもOKとなっているじゃないですか。昨年からなのか今年かららなのかわかりませんが大きな進歩です。

けど、今回の驚きはそれをも超越する進歩がありました。何と納税にカードが使えるようになったこと。これはかなりの進歩。 毎年思うんですよね、4万円近い出費にポイントがついたら相当オイシイのに・・・って。

カードポイント愛好者にとっては、かなりありがたいサービスです。

Yahoo公金で納税

カード決済による納税はYahoo公金で行います。ちなみに事前にYahooウォレットでカード登録していないと納税はできないと思いますので、先にYahooウォレットの登録をおすすめします。

Yahoo公金

Yahooウォレットに登録しておけば、オークションやショッピングなどにも使えるので、めちゃくちゃ便利です。

んで、下の画像がYahoo公金のページです。自動車税の他にもふるさと納税やら住民税やら国民健康保険なんかも、このサービスを通じてカード決済ができます。

エリアを選び納付番号、確認番号を入力

納税通知書に記載されている納付番号と確認番号を入力するだけ。

Yahoo公金

住所や氏名などをイチイチ入力する手間もありません。

Yahoo公金

内容を確認して支払いボタンをクリック

入力した情報を元にクルマのナンバーなどの個人情報が表示され、これでOK ということであれば支払いボタンをクリック。手数料で324円が取られますが、銀行やコンビニに行く手間賃を考えればありかなって感じ。

Yahoo公金 Yahoo公金

これで4万円近い支払いがポイントになるのですから、大きい。これでまた一歩、ダイソンに近づけました。

メールで納税完了連絡も来るので安心です。

Yahoo公金

カード決済はポイントのため

納税にカードが使えるのはホント大きい。おサイフケータイが普及してからと言うもの、支払いはほぼカード決済、。EdyであろうとSuicaであろうと出元は同じカード会社ですから。

おサイフケータイのないスーパーやドラッグストアでもカード決済。ガムを買うのにカード使うの?って白い目で見られようがお構いなし。

手強い個人経営の飲食店

カード決済で何気にに強敵なのが街の飲食店。ランチで使うような個人経営のお店です。なので、必ず小銭を用意しておく必要があります。これが結構面倒で、カード決済に慣れているので、現金がないなんてこともある訳です。

小銭で財布がパンパンになるのも嫌だし・・・。

東京オリンピック開催までには、訪日外国人対策としてカード化の動きが加速しそうな予感。

とにもかくにも、自動車税の納税がこんなラクにできるのはありがたかったという話でした。