Revive old post 、エラーからの復活

WPプラグイン

ある日突然投稿エラーが勃発

過去記事をTwitterに自動で投稿してくれるWordPressのプラグインRevive old post。アクセスの貧弱な僕のサイトにとってPV数アップに貢献してくれていたのにある日突然、Twitter上に投稿されなくなりました。

ググって見ると関連記事が多数公開されており、被害者の多いこと、多いこと。

てな訳で、僕のエラーからの復活方法をご紹介します。誰かの助けになれば幸いです。

Twitter、APIの再登録が必要

エラーの原因は、TwitterのAPIが過去に比べて厳しくなり、そのためRevive old post からのアクセスが弾かれているというもの。

ということで、TwitterのAPIの再登録をしました。

TwitterのDeveloperサイトにアクセスし、再登録を行います。

Twitter Developer

英語だらけで怯みますが、Revive old postのサイトで入力内容なども親切に紹介してくれていますので、こちらを参考にしてください。

Twitter Developer

appの使用用途をチェック


appに使用に関するフリーアンサー記述。300文字以上


こちらはNOを選択

諸々、入力した後、その内容はTwitter社に送られチェック期間を経て晴れてAPI再登録されます。僕の場合、翌日にはTwitter社よりOKメールが来ました。

Twitter Developer

Twitter APIの登録

写真はAPI作成後のものになりますが、新規作成時にも応用できます。順を追って説明します。

  • 右上のプルダウンメニューよりAppsを選択
  • Twitter Developer

  • 画面はApps作成済みとなっていますが、作成後に編集も可能です。Detailsをクリック
  • Twitter Developer

  • Appsの名前とその内容は入力。こちらは自由です。次いで自分のURLサイトを入力します
  • Twitter Developer

  • 続いてSign in with TwitterとCallback URLです。前者をableとし、後者を自分のURLだけにしているとエラーを起こします。

    生成されたAPI KEYとAPI SecretをRevive old postにコピペしても、全く認証されません。

  • API KEYとAPI Secretをコピペ
  • 全ての情報を入力後、API KEYとAPI Secretをコピーして、Revive old postのサイトのSNS登録画面にてTwitterを選択してペースト。

    Twitter Developer

    連携が成功すると下記の画面になります。この画面が表示されるまでに何度もトライ&エラーを繰り返しました。

    他に僕が試したのはRevive old postを削除して再インストール過去に生成したTwitter APIの削除です。こちらも合わせて試されるのをおすすめします

    Twitter Developer

    この記事が誰かの参考になってくれれば幸いです。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました