ワードプレス環境をローカルに持つ。その1 XAMPPインストール編

仕事で色々と必要な場面が増えた

仕事でワードプレスによるサイト製作の話が増えたのが、そもそもの発端。自分が運営しているサイトを見せれば話は早いのだが、恥ずかしい・・・。

かといって今、契約しているサーバーではMySQLが一つしかつてないので無理。で、行き着いたのがワードプレスをローカル環境でできちゃうXAMPPを使った方法。

XAMPPをダウンロード

Win7にインストールした場合で話を進めます。まずXAMPPのサイトにアクセスして、Win版をダウンロード。

XAMPP インストール

容量は144MB。注意喚起の画面がいくつか出ますが全て、YESと回答

XAMPP インストール XAMPP インストールXAMPP インストール 05

XAMPPインストール

インストールされるコンテンツ?が表示されます。デフォルトは全てにチャックが入っています。特にいじらず、次の画面へ。

XAMPP インストール

インストールフォルダーもデフォルトままで。

XAMPP インストール

Bitnamiのことについてインストールします?と聞いてきますが、ひとまずキャンセル。チェックボックスを外して次へ。

XAMPP インストール

インストールが始まり、おおよそ3分ほど待ちます。

完了すると、コントロールパネルを表示します的なことを聞かれると、チェックした状態で「Finish」。 XAMPP インストールXAMPP インストール XAMPP インストール コントロール画面を表示。

ApacheとMySQLを稼動させます。デフォルトはStartの表示なので、ここをクリックにして、StopにすればOK。稼動したことになります。

<a href="https://charizm0407.com/wp-content/uploads/11.png"><img src="https://charizm0407.com/wp-content/uploads/11.png" alt="XAMPP インストール" width="618" height="497" class="aligncenter size-full wp-image-4340" /></a> <a href="https://charizm0407.com/wp-content/uploads/11.png"><img src="https://charizm0407.com/wp-content/uploads/11.png" alt="XAMPP インストール" width="618" height="497" class="aligncenter size-full wp-image-4340" /></a>

アクセスを許可するにする。