仮想通過の販売所って何?

巨額の流出事故発生

仮想通貨取引所のコインチェックが580億円相当のお金を流出させたということで世間を騒がせている事件。仮想通貨への関心が高まっている中で水を指すようなこの事件は、まだ収まりそうにもありません。

テレビなどでは芸人の多くが被害に合ったなどを聞きます。貯金全額失ったとか、1000万円近く溶けて消えたなどなど。そんな被害の声を聞くに仮想通貨の怖さを感じます。

仮想通貨

人為的なミス

セキュリティを強固にしているのに、ハッキングされちゃう。ってことは相当な腕の持ち主による犯行だったのでしょう。

コインチェックのサイトでは、セキュリティの肝となる秘密鍵をインターネットから完全に物理的に隔離された状態で保管していたとの明記されてたのに・・・

が、このセキュリティ対策を今回流出してしまったNEMには施されていませんでした。加え絵、複数の認証を必要とするマルチシグネチャーさえも実装されていなかったというお粗末ぶり。

てな訳で、ある意味、人為的なミスによるところも大きく、他の取引所からあらぬ風評被害を受けるような結果にもなりました。

仮想通貨

580億円もの大金をどうするの?

580億円というとんでもない金額、自己責任という悲しい声も聞こえますが、コインチェックは、被害に合った26万人のNEM保有者に対し、全額を保証すると発表。えっ、そんな大金保有しているの?と驚きましたが、取引所なるビジネスは相当儲けの大きい商売なのです。

販売所というビジネス

コインチェックは、取引所というビジネスの他に、販売所というビジネスも行っています。

取引所は、特定多数の取引相手の中の誰かと価格が折り合うのを待つ必要があります。

一方の販売所の場合、希望する数量をコインチェックと即座に売買できる。

ド素人の僕が思うに、取引所はヤフオク、販売所はメルカリといった感じがします。後者であれば、即座に売買できるし、手軽。両者を比較しても圧倒的にメルカリを選びます。

で、この販売所のシステムでは、仮想通貨にもよりますが、ある仮想通貨では手数料が10%近いという美味しいビジネスなのです。1万円の取引であれば1000円が入ってくるというもの。

これにより高収益なビジネスが成立し、返済もできるというわけなのです。

仮想通貨

時価で計算とは・・・

お金が戻ってくるというのは嬉しい限りですが、その計算方法は、NEMの時価を基準したものであり、流出後の下落した金額が採用されるとか。

んてなると、多少目減りした状態で返金されるわけで、これにはちょっと納得イキませんという方も多いようです。そりゃそうだよなと思った次第です。

仮想通貨