放置ポイントもこれで救われるかも。ポイント投資

貯まる一方で期限切れ

カードポイント、携帯電話のポイント、Suicaポイント、マイルなどなど。これをきっちり管理できているという人は少ないのでは無いでしょうか。

気づいたら有効期限切れで、結局いつも損しているばかり。

僕の場合は、カードポイントを管理するので精一杯。携帯のポイントやらSuicaポイントなどはほぼほぼ放置状態。一定のポイントが貯まれば何かしら賞品と交換ということも一切したことがありません。

ポイントで投資信託

放置しているポイントをミスミス捨てるのはもったいないということで、クレディセゾンが、ポイントを使って投資信託ができるというサービスを実施しています。

東証株価指数(TOPIX)や米S&P500種下株価指数と連動して、積立運用できるサービスがそれです。

んで、5月には個別の株式相場に連動したサービスも展開します。

ポイント

投資信託もほぼ放置

ポイントを使って金融サービスを運用できるというのはありそうでなかったサービス。これを考えたクレディセゾンは凄いにつきます。

実際に、いくつかの投資信託を運用していますが、これまたほぼほぼ放置状態。年に数回送られてくる運用成績を見て、プラスになっているかマイナスになっているかをチェックする程度。

ポイントで投資を始めたら、今とは変わらない運用にはなりますが、全く手をつけいない資産をお任せして、場合によっては増えているなんてこともある訳で、これはやらなきゃ損だなと思った次第です。

ポイント

他社も追随して欲しいんですけど

このクレディセゾンのポイントを使った投資を見て、他社も同じサービスをしてくれればいいんですけどね。

JR東日本が、JREポイントを使って、ポイント運用を始めるとのことです他社はまだ様子見といった感じ。

さっそく、JREポイントを投資をしてみようと想いましたが、これがデータの整合性が取れていないのか、登録が一切できない。登録したSuica番号を入れると、JREで既に登録しているので、それで登録してねと言われ、JREのサイトに飛ぶと、現在使われていませんという意味不明なエラーが発動。

とにかくSuica、JREポイント、Suicaポイントのサイトは総じて使いにくい。慎重になるのはわかりますが、かえって使い勝手が損なわれている。他社のサイトをもう少し見習ってもらいたいものです。

てなわけで、ポイント投資をはじめようと思ったら出だしがつまづき、途方にくれているのでありました。

クレディセゾン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする