海外進出理由は地価&エネルギーコストが高い

世界の工場とは今は昔

低い人件費で多くの海外企業を呼び寄せていた中国ですが、最近では人件費の高騰などを理由に、他の新興国に工場を構える海外企業が続出。アパレル業界は、確かバングラディッシュに工場を構えるところが増えているようで、もう世界の工場とは呼べない感じ。

ビジネス

中国企業も海外へ

海外企業だけが脱中国かと思いきや、中国企業でさえも海外に工場を構える時代に。理由は人件費の高騰はもちろん、エネルギーコストや地価も高騰しているからとのこと。。663㎡当たり上海で107万円。アメリカのある州では40万円と倍の金額。そりゃー海外に進出するでしょ。

民間に多い海外進出

中国企業による工場進出及び企業買収は2013年で82件。内76%が民間企業と国有企業を圧倒。背景には中国政府による規制緩和が大きく審査なしで登録のみで良いとのこと。って、政府も民間企業の海外進出を奨励している感じだし、この先もっと増えるかも・・・。

太陽光

いつかは日本も・・・・

中国企業に買収された日本企業として真っ先に浮かぶのがラオックス。第二、第三のラオックスがこの先、ものすごいスピードで増えてくるんだろうな。一方で中国国内では産業の空洞化という問題に直面する日がくるかも。

日経ビジネスNO.1730より [amazonjs asin=”4534047827″ locale=”JP” title=”図解でわかる 中国の有力企業・主要業界”]