iPhoneのメモをEvernoteにインポート

大まかな流れ

GoogleのデータダウンロードでGmailに同期していたメモ帳をダウンロード。

そのデータを、Mozillaメールソフト、サンダーバードにインポート。

インポートしたら、今度はtxtでエクスポートしてEvernoteにインポート。

といった感じで、インポートするまでにかなりの道のりがあります。

memo_01

Googleデータのダウンロード

Googleデータにアクセス。iPhoneのメモ帳とGmailと同期していたので、同期していたラベルを選択して、エクスポートします。

memo_02 memo_03

ダウンロードはすぐにできない。

設定後、すぐにダウンロードはできません。ダウンロードの準備ができたら、Gmailに通知されます。僕の場合、データが軽かったからか、5分後には通知が来てました。

memo_04 memo_05 memo_06

サンダーバードを「.mbox」に対応させる

Gmailのダウンロードファイルの拡張子はmbox。が、初期設定ではmboxに対応していないため、サンダーバード用のアドイン「ImportExportTools」をインストール。

memo_07

ローカルフォルダーを選択した状態でmboxファイルをインポート

memo_08

データをエクスポート

インポートが完了すると、インポートフォルダーが作成されます。このフォルダーを選択した状態で、今度はエクスポートします。インポートしたばかりなのに、もうエクスポートって、かなり忙しいです。

インポートの形式はプレーンテキスト形式を選択。(※写真はスプレッドシートですが、文字化けしていましたのでお勧めできません)

memo_09

データをインポート

プレーンテキストで、エクスポートすると、index.htmlとメッセージというフォルダーができます。

このフォルダーごとEvernoteにインポートすれば完了です。

memo_07_01