ドラクエとアクアの相関性を考える

ドラクエ世代のハートを鷲掴み

日本一売れているクルマ、アクア。こちらのCMにドラクエの楽曲が使われているとのことで驚いた方も多いはず。ドラクエと言えば、今年で30周年を迎え、国民的ゲームと言っても過言ではありません。

少なくとも僕の中では・・・

アクア

んで、このCMがトヨタのブランド力アップに貢献していというのだから、ドラクエ世代のハートを鷲掴みしたのでしょう。

アクアユーザーとドラクエ世代が合致

トヨタのことですから、綿密なユーザー嗜好を調べに調べ、メインターゲットの暮らしぶりから、ドラクエが導かれたのでしょう。

となると、団塊ジュニア世代から、今の30代位でしょうかね。イメージとしては、学生時代に徹夜でドラクエに没頭。自力で謎解きにこだわり、けっして攻略本には目を向けない。堅実でしっかりとレベルを上げてからでないとボスとは戦わない。冒険はしないけど、手堅いゲーム運び。

アクア

それと堅実性のイメージがあるアクアとフィットしたのでしょう。

勝手に解釈ですが・・・

他にもコラボはないかを考える

ともすれば、ゲームをやらない、もっと言えばドラクエを知らない人には刺さらないだろうという意見も社内ではあったはず。

どう説得されたかは興味深いところです。担当者の熱意にほだされて役員がGOを出したとしたら、何ていい会社と思いますね。

ならば、他にも、こと団塊ジュニア世代に絞れば、8時だよ全員集合、おニャン子、バンド、尾崎豊、ジュリアナ東京、東京ラブストーリー、Jリーグななどとのコラボったコミュニケーションもあるんかなと思いました。

刺さらない時代だからこを狭く

今回のアクアの試みは、僕的には非常に好印象。実際にSNSでも話題になっているようですし、ネットでの拡散といのも視野に入れていると思います。

アクア

限られた層に深く突き刺されば、それが雪だるま式に膨れ上がり、フォロワーが後に続く。といった、いい循環が生まれるのだと思います。

アクアCMの次回作は?

11の制作が発表されましたが、もしかしたらゲーム内の乗り物にアクアが出てきたりして。この先もドラクエをからめた広告展開を続けるのであれば、色々な形のコラボをぜひとも見てみたいです。

アクア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする