カーシェアにトヨタ参入か

百花繚乱クルマ関連サービス

クルマを買ってくれるに越したことはないけれど、これも時代が流れといいましょうか、交通インフラが発達し、お金の使い道が増えた昨今を考えると、クルマを所有するよりも、必要に応じて使い倒すというニーズは必然だと思います。

歴史的にはレンタカーが最も長いですが、カーシェアというのもここ最近伸びている市場です。

1台のクルマを複数人で使いまわす。レンタカーよりも長くは使わず、短い時間だけちょっとというニーズにうまく合致したサービスと言えます。

カーシェア

カーシェアの肝は駐車場

確か僕のおぼろげな記憶で行けば、カーシェアではオリックスレンタカーが業界トップだった気がします。

レンタカーという豊富な実績を武器が他車の追随を許さない強さでした。

が、最近では新興のパーク24が急伸しており、話題になっています。

強さの源泉は何と言っても豊富な駐車場。そもそもカーシェアのクルマって駐車場に置かれているもの。レンタカーのように事務所を構えてという形態ではありません。

駐車場を多く確保していれば、それだけ台数も増やせるというわけです。

カーシェア

巨像、トヨタ動く

駐車場と言っても、企業が用地を購入したものもあれば、一般の方が自分の駐車場を時間貸ししているものなど様々

特に個人貸し駐車場の分野は、様々な企業が参入していおり、業界3位のアキッパとトヨタが業務提携しました。

トヨタの狙いは、自社のカーナビサービスT-Connectで、アキッパの駐車場を検索・予約ができます。

となると、他社と比べると駐車場情報がかなり豊富になります。

カーシェア

将来的にはカーシェアに参入

タクシー会社に車両を提供したり、ウーバーと業務提携をしたり・・・。ということを考えると、トヨタがカーシェアの分野に進出するのは可能性としては十分にあるかなと。

若者のクルマ離れと言われて久しい昨今ですが、カーシェアをきっかけにクルマの良さを再発見してもらえる可能性は十分にありえるかと。

カーシェア

どうなるクルマ産業のこれから

裾の広いクルマ産業だけに、国内の販売台数の落ち込みは日本の経済にもあまりよろしくない。

今は購入というものを中心に収益が考えられていますが、将来は、カーシェア、カーレンタル、ウーバーなどのクルマを所有させずに稼ぐ商売モデルも重要度を増して行く気がします。

となれば、カーシェアに限って言えば、もっともっとサービスの使い勝手の向上が求められるのかなと。

今は乗り捨ては難しいとされていますが、目的地でクルマを乗り捨て、帰りは渋滞が激しいので電車で変える。こんなことができれば利用したいとも思うのですが・・・