中国市場でシェア右肩下がりの日本メーカーだけど・・・。

2008年からダダスベリ

2008年当時、中国市場における日本車メーカーのシェアは約30%。それが2013年は20%を下回るまでになり、2008年と比べたら約10%ダウンと寂しい限りの状況・・・。

中国

逆に、販売台数は右肩上がり

日本車メーカーのシェアは落ち込みをよそに、中国市場の販売台数はうなぎ昇り。2008年、1000万台に満たなかった台数は、2013年には2000万台越え。アメリカの1560万台(オートデータ 2013/12/3速報値)を抜き去り、堂々のワールドチャンピオンの座に。すんごいですね。

中国,クルマ

民族系シェアがNO.1

国別シェアでは、中国メーカーーが圧倒的に高く約40%。次いでドイツ。日本車は3位の座に甘んじている状況。しかも虎視眈々と3位の座を伺う米国との差は、僅か4ポイント。しかも米国は対前年比、22.6%と大幅に伸ばし、日本は15.6%の伸び率。ウカウカしていると刺されかねない状況。(資料:中国汽車工業協会発表、各種報道より)

  2013年12月 2013年1-12月累計
台数(万台) シェア(%) 前年同月比(%) 台数(万台) シェア(%) 前年同期比(%)
民族系 75.98 42.8 10.3 722.20 40.3 11.4
日系 34.96 19.7 60.9 293.06 16.4 15.3
独系 26.62 15.0 26.6 337.25 18.8 18.0
米国系 19.67 11.1 23.2 222.15 12.4 22.6
韓国系 14.57 8.2 2.6 157.75 8.8 17.7
仏系 5.10 2.9 26.2 55.26 3.1 25.6
中国,クルマ

見直されるんじゃない的な楽観論

とは言っても、壊れにくい、長持ちする、コスパが高いということで、中国メーカー、米国メーカーに流れていたユーザーも戻ってくるのでは?クルマの買い換えサイクルとしては、7年目に当る2014はちょうど買い換えのタイミング。(中国はもっと早いか)。環境規制も都市ごとに厳しくなるかもれしないし、排ガス性能にも優れた日本製なら復活の可能性はあるかも。頑張れ日本!!

日経ビジネス NO.1725より