日英米中のEV事情の今

EV 自動車業界

ディーゼルからEVへ。欧州

一昔前までは環境対応車と言えばディーゼルだった欧州市場。ディーゼル普及率は諸外国のそれよりも抜きん出ており誰もがディーゼルが本命ということを疑いませんでした。

ところがVWの不正発覚後、負のイメージがついてしまい、その勢いは失速。あんなに環境に優しいディーゼルと言っていたのに、今では、その話はなかったのごとくEVのシフトしたというのが僕の感想です。

VW、メルセデス、BMWなどの大手3社が一気にEVにシフトしていき世界的にも、これからの環境対応車はEVという流れを作りました。

今では国を上げてEVを支援する動きが加速。EVの主要部品である電池をこれまで海外から調達していましたが、自国で生産できるような体制を整備しつつあります。

フランスではEV電池産業の育成を名目に助成を行ったり、ドイツではもこの手の助成が動き出しました。

EV

EV先進国中国はどうよ

EV電池の供給では世界的に見てもトップクラスの中国ですが、欧州のこの動きを受けて影響が出ることは間違いないですが、国内だけでも米国に次ぐ販売台数を誇るだけに、十分食っていけるとは思います。

中国ではEVの普及を国を上げて取り組んでいまし、EV普及の鍵を握るのは疑う余地はありません。

EV

日本は諸外国に比べるとやや出遅れ

世界的にEVが盛り上がる中、イマイチぱっとしない日本。日産、三菱の頑張りは認めるものの、販売台数を見れば世界に伍して戦うにはまだまだ不十分です。

トヨタが本格的に動き出せば状況は変わってくるのでしょうけど・・・。

とは言え、そのトヨタも着々と準備を進めているのは事実。EVの核となる電池生産会社をパナソニックと組んで2020年までに設立予定とか。

重要部品を抑えることで、EV市場に打って出るというのは理にかなっています。

フランス、ドイツが国を上げて電池生産に力を入れているのも、その現れだと思います。

EV

テスラ擁するアメリカは?

EV普及では先を行くアメリカ。テスラが普及モデルのモデル3を発売したことで、EVの販売台数が急激に伸びましたね。

後は量産化に向けた諸問題が解決すれば、さらなる普及が期待できます。

この後にも普及モデルのモデルYの投入をは控えているようで、両者がバカ売れすれば真のEV時代が到来することとなるでしょう。

テスラ・モデルS,電気自動車

まとめ

と諸外国のEVの今を整理しましたが、本格的な普及に向けてはこれからと言った感じがします。

中でも、電池の覇権争いがEV市場の制覇につながる感じがしてなりません。

日本がここで覇権を握ることができればいいんでしょうけど・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました