真逆をいくデュポンの歴史がすさまじい件

元を正せば火薬製造メーカー

デュポンの成り立ちは、火薬製造メーカーで、当時は南北戦争などがあり、ウハウハ状態だったのですが、第一次世界大戦の終戦を契機に、立ち行かなくなり泣く泣く人員削減を実施したそうです。

to_logo

GMも昔はデュポンの傘下

で、どうしたかと言うと、火薬製造で培ったノウハウを活かし、合成皮革や樹脂、塗料、染料の分野に参入。後にストッキングを生み出すという功績を残すことに。また、これらの技術と親和性が高いことからGMを傘下に収めていた時期もあったそうです。

du_10fda9ed7a7c163fb3de3a0a269f2dfc_s

そして、脱化石への転換

化学製品のコモディティ化、そして地球環境問題をきっかけに、それまでの事業とは真逆の脱化石燃料会社へと舵を切るわけです。で、稼ぎ頭のテフロン事業を分社するという勇気ある決断を断行。脱化石路線を推進するという強い意志が感じられます。

まとめ

100年先を見据えて、事業ポートフォリオを組み替えていく様は、200年企業だから成せる技かなと。20年後、30年後に振り返った時に、あの決断は正しかったということになるんでしょうね。きっと。

日経ビジネスNO.1743より