ホテル予約サイトの四面楚歌

ホテル予約サイトとは

ホテルを予約する人とホテル事業者をつなぐサイトで、掲載にあたってホテル側はいくばくかの手数料を支払っています。

この仕組はホテル予約に限らず、ネット予約やビジネスの仲介など幅広く利用されています。

単独でホテル予約をしても告知力がないため、人の集まる、この手の運用サイトに掲載することで宿泊客を獲得できるわけなので、ホテル側にとって大きなメリットがあります。

ところが、この手のサイトがいくつもあり、互いの競争が激しくなると、利用者側に色々な要求を突きつけてくる。今回のホテル予約サイトで言えば他社よりも安い条件を提示してよというもの。

ホテル側は泣く泣く宿泊料金の値下げと引き換えにさらなる集客増に期待をかけるのですが、これにちょっとまったをかけたのが公正取引委員会

ホテル

公正取引委員会からの厳しい目

ホテル予約サイトの大手3社が、公正取引委員会の立入検査を受けるまでに発展。

何が問題かというと、他社よりも良い条件を提示してという部分が拘束条件付取引になるものに抵触するというもの。

この点については各社とも注意していたにも関わらず、立入検査に発展したのは、それほど競争が激化している表れ。

わかっちゃいるけど、他社に抜け駆けされる前にこっちが先に動いてやるとばかりに、どんどんエスカレートしていったのでしょう。

旅館

ホテルが自前で予約を開始

この行き過ぎた行為も公正取引委員会の立ち入りで競争は沈静化するのか今後の動向を見るとして、ホテル側も自己防衛からか自前で予約サイトの開設する動きにも出ています。

これまで手数料を取られていましたが、自前で予約サイトを運営するのだから、その分を宿泊料の値引きに使うことも考えられます。

とりあえずホテル予約サイトを利用して、そのノウハウを吸収していつかは自社でネット予約を始めようと考えていたならば、したたかと言ってもいいでしょう。

もしかしたら予約サイトよりも良い条件で宿泊できるかもしれませんね。

ノートPC

無料比較サイト出現も痛手

公正取引委員会の立ち入り、ホテル側の自前予約サイトの開設などホテル予約サイトを取り巻く環境は厳しくなる一方。

追い打ちをかけるようにGoogleなどによる無料比較サイトも出現。

さらに競争が激しくなっていくでしょう。

楽天トラベルを利用している自分としては、ホテル予約、飛行機や新幹線の移動まで全てを面倒見てくれるそこにメリットを感じます。よく調べてみたらホテルに直接予約を入れた方が安かったと気づいたとしても、手間を考えると多少高くても楽天トラベルを使いますね。

ので、各社そういった価格ではなく付加価値的な所で競争したらいいのにと思った次第です。

飛行機