信用を取り戻せるか。ソフトバンクの目利き力

アリババ即決は伝説

孫さんの目利き力を生かして創設された

あのアリババをほぼ即決で資金援助を決め、今やソフトバンクの数倍のも時価総額となりました。

企業の成長を嗅ぎ取る嗅覚が凄いのか。とにかく神がかっているとしか思えない。

つまり、ソフトバンク・ビジョン・ファンドから資金援助を取り付けられれば、ある意味、成長が約束されたようなもの。

が、そんな評価も一変させるほどの事態が発生しちゃいました。

投資

ウィーワーク支援を発表

ワーキングスペースの貸し出しを生業とするウィーワーク。昨今の場所を選ばない働き方にマッチして急成長。

そんな勢いにソフトバンク・ビジョン・ファンドも将来、確実に成長する分野と見たのでしょう。

早速資金提供を決め、株式公開までこぎつけ、IPOで上場益で潤うと思った矢先にまさかのCEOのスキャンダル発生

それまで同社が築いたブランドイメージを大きく傷つけたばかりか、業績も急落。株式上場も取りやめる事態に発展しまいました。

本来の投資ファンドなら、ここで見切りをつけるものの、ソフトバンク・ビジョン・ファンドは支援を表明

人情的なものよりビジネスライクな理由。つまり、とは言え、将来有望な市場と見ているからなんでしょう。

ワーキングスペース

再建屋、降臨

再建策を端的に言えばお金も出すけど、口も出すと言った所でえしょうか。

お金の面で言えば、日本円にするとおよそ1兆円の支援。かなりの高額にも見えますが、将来、この商売からの上がりを考えると妥当な数字という計算が成り立っているかもしれません。

と同時に、人事面にもメスを入れ、CEOを更迭し、新たに会長に送り込んだのは孫さんの右腕ともいわれるマルセロさん。

携帯電話会社のスプリントを黒字化させたという実績を持ち期待が高まっています。

ワーキングスペース

財務基盤は痛みましたが・・・

今回のウィーワークの失態で、思わぬ被害を受けた格好のソフトバンク・ビジョン・ファンド

鬼速の再建策が功を奏したのか、格付会社の評価は変わらず。

ということは、まだまだ孫さんの神がかり的な目利き力は信用されていることが伺えます。

とは言え、ウィーワーク再建有利子負債が約17兆円というのは、素人的には不安に感じますが・・・

ワーキングスペース

神がかり的な目利き力をもう一度

ウィーワークが再び輝きを取り戻せば、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの評価もさらに高まります。

と考えると、ウィーワークはとんでもない期待をかけられえているわけですね。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドのためにもウィワークの頑張りを期待したいところです。