ほぼほぼカオス状態「多重不倫」

冷めきっている夫婦仲。偽装結婚?

将来を嘱望れた画家、旦那の才能にいたく惚れ込んだ奥さん。ある意味、職場結婚のこの二人。

奥さんは心酔する先輩との結婚で幸せの絶頂を噛みしているのに、旦那はどこか冷めた様子。

というのも、この結婚には元々気が向かず、自身の出世、世の評価を高めるという功利的なもの。

旦那に冷たくされるも耐え忍ぶ奥さんが痛痛すぎて見るに耐えません・・・。

不倫相手は女子アナに、生徒などなど

旦那さんはと言えば、無類の女好き。結婚してようかお構いなし。まずある絵画展で知り合った女子アナとの不倫にはじまり、自身が講師を務める絵画教室の生徒。しまいにクライアントの大金持ち女性などなど。

奥さんも、旦那の不倫に気づき始めますが、彼を強く責められない事情が・・・。

夫婦揃って不倫を先を行く展開

というのも、奥さんも結婚前、旦那と付き合っている頃に別の男性と二股していた過去が。

その相手とは旦那もお世話になっている美術の師匠さん。出世に有益な絵画教室という職をあたえたのもこの師匠さん。夫婦揃って、ある意味お世話になっている関係だったのです。

まさか恩師の奥さんだっとは?

旦那もうっすらと奥さんと師匠が繋がっていることを勘づいたものの、証拠を掴むことができない。

が、一度疑いの目をかけてしまったことで旦那と師匠の間は険悪な状態に。

とどめとなったのが師匠の奥さんとの不倫。ものすごいカタチでの復讐となったわけです。

が、旦那はまさか絵画教室の生徒さんが師匠の奥さんであったことは全く知らされていない。

師匠の口から聞かされ初めて事の重大さに気づく始末。

が、そんな言い訳なんぞ、聞く耳持たず状態の師匠は、怒りに任せて旦那をボコボコに。振り上げたゴルフクラブがクリンヒットしていまい、旦那はその場に倒れてしまいます。

カーテンを挟んだ二人の末路に隠されたメッセージは?

担ぎ込まれた病院で息を引き取った旦那さん。1枚のカーテンをはさんで向こう側には大量の睡眠薬を飲んで自殺を図った不倫相手の女性。

旦那は息を引き取るものの、女子アナは一命を取り留めることに。この対比には深いメーセージが隠されている感じがしました。

女子アナも旦那の他にも、この時治療にあたっていた医師と不倫するなど二股状態。旦那に負けず劣らずでしたが、未婚者という点が旦那ととの違い。

罪の重さで言えば旦那に軍配が上げたのでしょう。

とにかくBGMも軽妙で、ドロドロとした感じはなくコミカルに描かれている分、見やすい映画です。ぜひ。