ハチャメチャすぎる女軍団「バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!」

どーしようもない女仲間

自称、Bee軍団。秀才、ヤリマン、ドラッグクィーンに、おデブちゃんと個性豊かなメンバー揃い。この連中が、おデブちゃん、ベッキーの結婚式を前に集まり、はじけまくるという話で、かなりぶっ飛んでいます。

BA_01

クスリづけになると、こうもハイテンション。

話がかみ合わない、いきなり大声を出す、ロレツが回らず意味不明な言葉を連発。ドラッグ大好きのケイティは作品の始まりから、終わりまですべてこんな感じ。事が深刻なのに暗さを感じないのは、彼女の陽気な笑顔と突拍子のない行動が利いているんでしょうね。

恋をいっぱい重ねても初恋の相手は別

本作品は、同窓会的な要素も含まれています。社会人になって、職場でそれなりの地位の人もいたり、同時は清純派だったのに今では恋多き女に変貌しちゃった人など。そんなジェナは高校時代の彼氏と再会し、当時の甘酸っぱい記憶がよみがえり、再びのスイッチがオン状態。本線から外れますが、こっちの話も結構いい話。

BA_02

女の友情は強し。

高校を卒業して数十年たっても、その関係が続くというのは良いもの。当初はベッキーの結婚に納得していなかったけど、当日は、皆心を一つに結婚式を成功させようと必死だったし。どれもこれもドレスを破らなければ、こんなドタバタ劇は起きなかったのですが、このハプニングが起きたことで、より結束力が深まったのでしょう。