いい人だと思っていたのに「ゲティ家の身代金」

ゲティ家の身代金 ハリウッド

骨のある奴だと思っていたのに・・・

石油で財を成し、一夜にして世界NO.1の金持ちとなったゲティ家

そんな親を持つ子供は、親のスネをかじりまくるか、あえて親の庇護を受けない生活を選ぶか。

今回誘拐された子供の親は後者。あえて家が大金持ちのことを子どもたちに告げず、普通の暮らしを選択していました。なかなか骨のある奴と思っていましたが、なかなか仕事にありつけず苦し紛れに親に仕事の斡旋をお願いすることに。

とは言え、最後まで気乗りしない様子で本人としては本意ではなかったでしょう。

けど、子供も3人もいたら、そうも言ってられない。

こうして親の経営する事業の副社長に就任することとなり、一夜にして貧乏家族が大金持ちになったわけです。

ところがパパは、いきなりの大金と地位を得たものだから、ドラッグに手を染め廃人とかし、一家は離散という悲劇に見舞われます。

まるで人気子役の家族がボロボロになるようなものを見ている感じがしてなりませんでした。

ゲティ家の身代金

孫もなかなかのキレ者かも

離婚の際は、金にものを言わせて親権は父親が持たせようとおじいちゃんは色々と画策しましたが、全ては不発に終わり、特に可愛がっていた孫と離れ離れに。

しっかり者のママの元で慎まし暮らしていくこととなったわけです。

が、この息子が父譲りの遊び好き。

しかも中々の知恵者というの厄介なところで、自作自演の誘拐を企み、おじいちゃんから大金をせしめようと計画していたのです。

その矢先に何と本物の誘拐犯に連れ去られ万事休す。片田舎で牢屋みたいな部屋で監禁生活を余儀なくされるのでした。

ゲティ家の身代金

おじいちゃんの出した答えは・・・

誘拐犯の要求は身代金1700万ドル。世界一の大金持ちの孫ということで、とんでもない金額を要求していきます。

離婚をして親族の関係はないものの、そんな大金支払えるわけない。

ゲティ家の身代金

てなわけで、恥を偲んでおじいちゃんに身代金出しを依頼するわけですが、帰ってきた答えはまさかのノー。

おじいちゃんの言い分としては、これを認めてしまうと残りの14人の孫も誘拐される恐れがある。ので、きっぱりと脅迫には乗らないというわけです。

とは言え、元CIAの部下に奥さんを守るよう指示し、誘拐犯との交渉役を彼に任せるのでした。

ゲティ家の身代金

アジト襲撃したけれど・・・

警察も総動員して、犯人のアジト探している中で、まるこげの遺体が見つかります。最初は誘拐された孫かと皆悲嘆にくれていましたが、遺体をたしかめると中年男性のものであり、この遺体をきっかけにして犯人グループの足がつき一斉逮捕となりました。

これでめでたし、めでたしで終わるかと思いきや、アジトには孫の姿はなくすでにマフィアに売り渡されたとのことで事態はさらに深刻さを増していきます。

果たして孫は無事に家族の元に帰れるのか。最後まで目が離せません。ぜひ

ゲティ家の身代金

コメント

タイトルとURLをコピーしました