懐かしさがこみ上げてくる「ホビット 思いがけない冒険」

なついーーが盛りだくさん

ロード・オブ・ザ・リングのキャラクターが随所に登場する本作品。ガンダルフをはじめ、耳の長―いエルフに、ホビット、オーク、ドワーフ。それと忘れてはいけない、山ちゃんのモノマネでおなじみのゴラム

ロード・オブ・ザ・リングの前の話っぽい

ロード・オブ・ザ・リングを見た人なら、気になる所。話としては、「ホビット 思いがけない冒険」は、ロード・オブ・ザ・リングの約60年前の話っぽいです。

60年前でも「ガンダルフ」は救世主

確かロード・オブ・ザ・リングの時も、そうでしたが、ホビット達が絶対絶命―――!って時に、サッと登場して、状況をもの凄い勢いで好転させてくれるガンダルフ。ホントに頼りになる老人ですが、本作品でも相変わらずの男前感を出しています。

ドラクエを感じさせる登場キャラ

エルフ、ドワーフ、オーク、トロルとドラクエに馴染み深いキャラが結構、登場します。鳥山明先生作の愛嬌あるキャラクターから真逆のマジで、グロテスクなキャラばかり。オークなんて、猪ヅラしか思い出せませんが、この作品では、ボスキャラばりの強面。しかも強すぎです。

より楽しむならロード・オブ・ザ・リング3部作を観た方がいい

「ホビット 思いがけない冒険」を愉しむなら、前3部作を観といた方が絶対いいです。なんか、このシーンは、前3部作のこの話と繋がっているんだよ的なシーンがかなりあるんです。

ホビット

自分の場合、前3部作を全て観てからかなり時間が経っているので、面白さも半減。なので、前3作を復習しておくと、本作品との繋がりも確認できてさぞ楽しめることでしょう。