夫婦愛よりも家族愛。「モーガン夫人の秘密」

敗戦国の悲哀。家が接収されるって・・・

舞台は第二次世界大戦終戦後のオーストリア。戦後処理のため戦勝国イギリス兵が治安維持のために駐屯していました。

街では、ナチスの残党やドイツ人による暴動などがが起き、戦時下レベルで大忙しのイギリス兵。

中には本国イギリスから家族を呼び寄せてじっくり腰を据えてオーストリアの地で任務に付く人もいました。

主人公夫妻もオーストリアでしばらく生活することを決め、住まいは元ドイツ人が居住していた屋敷ばりの豪華のお家。

この屋敷。それまでの家主はドイツ人親子。敗戦国ということからお家を接収されてしまいます。

かろうじて、屋根裏に住居スペースをあてがわれ、家なし状態はまのがれましたが、元主人、そして娘の心中はおだやかではないはず。

モーガン夫人の秘密

イギリス人夫妻を出迎える時の「ようこそ」という言葉は、かなり苦痛だったはずでしょう。

人格さえも否定されている気分

イギリス人夫妻の旦那さんは軍の大佐というかなりお偉い身分の方。良識ある方で、元主人に対する接し方も、相手を思いやる気持ちが感じられ、優しさを感じました。

一方の奥さん役キーラ・ナイトレイは元家主からの握手をスルーするほどドイツ人嫌いをあからさまに表に出します。

そんな仕打ちを受けても表情一つ変えない元家主の大人な対応に偉いなと思ったと同時に学ばきゃと思いましたよ。本当に。

モーガン夫人の秘密

終戦後も街中はまだまだ戦時中

作品の中では、どこそこで冒頭が起きた、イギリス兵が襲撃されたなど、あちこちで暴動が起き、まだ戦争が終わっていないことを感じました。

親を失った子どもたちは廃墟の中に自分たちの住処をつくり、集団生活を行うなど、子どもであろうと自立を求められている厳しい環境に置かれていました。

ナチスの残党もかなりいて、これが中々やっかいで、進駐軍に対して攻撃的で連合国軍も相当手を焼いていました。

ので、元ナチスとひと目でわかる腕に88の入れた墨を発見すると即座に連行するなど治安維持に努めていました。

次第に惹かれ合う。二人

旦那が暴動鎮圧で家をあけることが多く、かつ子供を失い夫婦生活がぎくしゃくしていることもあってか、気が緩んでしまったのか、あんなに毛嫌いしていた元家主のドイツ人と恋仲に発展。

まぁ、これは予想通りの展開。密会と言っても同じ屋根の下なので、二人はどんどん愛を深めていき、キーラ・ナイトレイは旦那と離婚することを決意。

第二の人生を新たなパートナーと送ることを決めます。

そう来たか。大佐が胸に秘めた想い

この二人の関係を知った大佐は、元家主を攻めるわけでもなく、むしろ奥さんを幸せにしてくれという不可解な対応。

というのも、子供が空爆で失ってから、どこかで奥さんを避けていました。奥さんと過ごすことで、子供の事を思い出してしまう。

これを奥さんに伝えるシーンは胸に迫るものがあって、唯一の泣けるポイントです。

モーガン夫人の秘密

こうして旦那からもOKをもらい、二人は家を後にするわけですが・・・。

残された大佐が終始大人に見えて好感を持てたのは言うまでもありません。

だからこそ、この人こそ幸せになって欲しいと思いした。最後はポロリまでは行きませんでしたがジーンとくること間違いなしです。ぜひ。