がっかりだよ。「ウルヴァリン: SAMURAI」

ウルヴァリンも老いには勝てない

X-MEN ZEROからの、ウルヴァリン:SAMURAIの観賞だったので、その弱さが際立ちすぎて、なんか幻滅。X-MEN ZEROの兄貴との人間離れした戦いを観た後だけに、生身の人間相手に苦戦しているウルヴァリンの老いが観ていて、痛々しい。

xmen01

なんか生活感丸出しの空気感

過去のシリーズと観らくべて、何と言うか、安っぽい感じがどうも払拭できない。軍用機相手に墜落させちゃう映画ならではの迫力のシーンが過去にはあったのに、今回はヒロインをヤクザにさらわれ、しかも取り逃がしちゃう。それも人気のない田舎の港。クルマは普通の日本車。ザ、ハリウッドって感じがないんですよ。予算を絞られた邦画を見ている感覚。

xmen02

ヒロイン役もどーよ。

SAMURAIだけに、日本が中心。役者も日本人多数。中でもヒロイン役のTAOが、どうもしっくり来ない。気持ちが入りすぎているのか、ちょっと大げさすぎでは・・・。といった感じ。どこか興ざめしてしまう。極めつけは元婚約者の彼。日本語雑すぎる。英語の方が良かったよ。

tao

ストーリーの厚みはさすがっす

今まではミュータントや凄腕の人間などシリーズごとに敵方も個性が強く、クライマックスが楽しみって感じだった。で、今回は二転三転と敵方が変わります。3回位切り替わるかな。ヤクザに、身内に、最後はえっ、この人がって。話の展開は面白かっただけに、演出がしょすぎるのが残念でならない・・・。

出演 : ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする