裏切りのレイヤー多すぎ「北陸代理戦争」

仁義なき戦いと一緒のトンマナ

仁義なき戦いにドップリハマったという方であれば、この作品は間違いなく楽しめることでしょう。というのも、作品のタイトルロゴ、BGM、カット割りなどなどがどこか仁義なき戦いと同じ。まるで、仁義なき戦いを見ているような感じさえします。俳優人の多くも、仁義なき戦いに出演したばかりですし、何と言っても監督が深作欣二さんですから。

広島抗争よりも複雑

舞台は北陸三県の富山、福井、石川県。冒頭のナレーションで、この三県、広島、九州のヤクザも目を背けたくなるような凄惨な争いが繰り広げられているとのことで、いきなり期待値アップ。場所がらなのか、大阪や名古屋の大規模な団体に日々脅かされているという状況で、提携や傘下入りすることで、何とか組の存続を図っていました。

が、ある事件をきっかけにこの均衡が破綻し、のっぴきならない抗争が福井を中心にして巻き起こります。

北陸代理戦争

抗争のはじまりは下克上

主役の松方弘樹演じる川田が下克上がそもそもの発端。親父が利権を独り占めにするものだから、それに腹を立てた川田が謀反。猛吹雪の中、地中に埋められ首だけ顔を出して、その周りをクルマが走り回るというお仕置きを組長に対して行います。

組長を穴埋めする自体ありえない話ですが、とにかく川田は規格外のヤクザ。組長は早速、提携している大阪の金井組にヘルプを求めます。川田を手打ちにしてくれと。

この金井組のボスが千葉真一。仁義なき戦いでも登場しましたが、とにかくクセの強い役を演じたらピカイチ。この作品でも武闘派のヤクザ役として、かなり印象に残る演技をしていました。

で、千葉真一の話はさておいて、この金井組の援助により、川田へのお手打ちは成功。川田は瀕死の状態ながら何とか生きながらえることに。誰もが川田は終わったと見ていました。

北陸代理戦争

壮絶な復讐劇始まる

金井組と元所属の富安組にお手打ちとなった川田でしたが、怪我から復帰するや否や富安組のボスを襲撃。

この奇策は失敗しましたが、今度は金井組のボスでもある浅田組と提携し、それまでの猪突猛進型をあらため、仲間を増やして、富安組の潰しにかかります。

この作戦が見事に功を奏し、川田は富安組に取って代わって地場では最有力某リョウク段組織になりました。

北陸代理戦争

助っ人に喰われうちゃうかも

この川田VS富安組が描かれていますが、川田には浅田組、富安組には金井組がつき、ある意味、助っ人同士の抗争でもありました。

そして川田が勝利することで、金井組も北陸3県における影響力は弱まることに成功しました。

が、次なる敵、浅田組の増長を許すこととなり、再び新たな抗争の火種を残すこととなったのです。

本当、友人と思って頼ったもの、知らず知らずの内に敵になっていたというヤクザの世界。様々な合従連衡が起きすぎて、何度も巻き戻さないと話が頭に入ってきません。

が、レイヤが何層も重ねって話に深みがまして面白いことは間違いありません。ぜひ

北陸代理戦争